『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

セレッソ大阪首位陥落エスパルスに逆転負けの感想

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

2017年8月9日。セレッソ大阪はリーグ戦で清水エスパルスと対戦した。アントラーズの足音が聞こえ続ける暫定首位のセレッソは毎試合勝つしかない状況でこのアウェーでの戦いを迎えた。

まずスタメンから。

セレッソのスタメンは以下。
(画像はフットボールラボさんより)

山村が怪我から復帰。
山下の代わりには木本が入る。
松田も出ていない。

一方、エスパルスのスタメン。

鄭大世はやはり出場していない。

エスパルスとの対戦前に感じていたポイント

この試合は昨日ブログに書いたが間違いなくストライカーが優れる方が勝つと予想していた。前回対戦で鄭大世に開始早々に決められ、ストライカーの質について改めて考えさせられた。決めるべきでない時にも決めるストライカーの怖さ。

セレッソとの試合しか見ていないがエスパルスには躍動感と個人技があり最後まで走る印象がある。攻撃はとても切れ味があってシンプルにシャープに決めてくる。シャープに決められる一因に優れたストライカーがいる。

今回の試合には鄭大世はいないが最後まで走るエスパルスに勝つにはさっさと得点を決めて突き放す必要があると考えていた。それも1点では足りない。2点差をつけて粘っこい相手を封じ込める必要があると思っていた。エスパルスとの接戦は避けたい。最後にやられる印象がある。

そんなことを考えながら…キックオフの時を迎える。

セレッソ対エスパルスの感想

前半

試合が始まりまず思ったこと。セレッソは体が動いていない。多くのサポーターもそうだと思うがキックオフ後数分で今日のセレッソの調子はなんとなく分かってしまう。
エスパルスの方が躍動的で球際の激しさもあった。アウェーのためセレッソが慎重になっているわけではない。相手の様子を見るにしても球際で負ける必要はないので単純に体が動いていなかったといえる。

そして思う。今回のセレッソは苦戦しそうだ。セレッソの調子が良い時はルーズボールを拾えるし、パスも回る。つまり選手が動けている状態。でも今回のセレッソは違い不安になった。

それでも前半の序盤はどちらのペースとも言い切ることができないくらいピリピリしていて、セレッソは動けていないもののエスパルスにゲームを支配されているわけでもなかった。ただ、なんとなくエスパルスが仕掛けていて優勢。そんな印象だった。

エスパルスに完全にペースを持たせなかったのは杉本の動きだと思う。サイドに開く動きにより相手の守備は対応が面倒になっていた。サイドに開き守備を広げられると守備のバランスを保つのも困難になる。また、サイドでボールを奪ってもエスパルスはカウンターを仕掛けにくい。守備バランスも得意のカウンターも杉本が封じ込め、エスパルスにペースを完全に渡さなかった。

それでもセレッソが得点する気配はなかった。二重三重と攻撃を仕掛ける迫力はセレッソになかった。このままではエスパルスに点を取られそう…そう思った前半23分セレッソ山村がコーナーから決めた。

そして33分フリーキックをセレッソ木本がヘッドで合わせて決める。セレッソは動けていない中で2-0とした。忘れかけていたがセレッソにはセットプレーで点を取るという武器もあった。今年のセレッソには高さがある。セットプレーは動けてなくても得点する機会になり活かせたセレッソは前半を2-0で終えた。

ここまでは理想のゲーム運びだった。2点差をつけて突き放す。エスパルスにはこれぐらいやっとかないと後半の粘りでうっちゃられる。内容より結果が先行した前半。セレッソは苦しみながらも勝てるんじゃないか?と思った。

後半

後半のセレッソは前半と変わらず動きが悪い。この試合はずっとこんな状態で進むんだろうな。我慢の連続になるんだろうなと思った。

後半開始早々の51分エスパルスはPKを得る。ドリブルで仕掛けられ倒してしまう。だから個人技がある相手との対戦は嫌だ。素直にそう思った。そしてPKを決めら2-1となる。

やばいな残り40分あるのに1点差…セレッソは動けていない…嫌な展開。

そう思っていると60分エスパルス北川に決められる。スローインを受ける1タッチ目でセレッソDFを振り切りシュート。あっさり決められる。

セレッソの守備は全く集中していなかった。スローインがシュートに直結するというリスクを完全に忘れていた。スローインをただの試合再開と思っているかのようだった。

あの守備は情けないわ。夏の暑さや消耗で油断が生じるのは分かるけど守備全体がそうなるのはどうかと…。やっぱセレッソは強くないなと思った。勝負強いクラブにはそんな隙は無いんだろうなと思った。(伸び代)

これで2-2。これはまずい。今日のセレッソには押し返す力がない。セレッソは65分にソウザに代えて秋山、柿谷に代えて関口を入れ躍動感を注入したけどこの状況は打開できなかった。もう、セットプレーに期待するしかない…。

そんな矢先の73分。またしてもエスパルス北川にやられる。グラウンダーのクロスをヒールであわせサイドネットに決めた。敵ながらアッパレなゴール。

これぞ、ザ.エスパルスの怖さ。シャープに決めてくるストライカーの質。鄭大世いないし…と思っていたのが大間違い。これが一番見たくなかった展開。残念ながらエスパルスらしいゴールと思いました。

結局、またしてもストライカーの質で負ける形となってしまった。杉本、山村を否定するわけではないし、頼もしく思っているけど…この試合はそう締めくくるしかない。

こうしてセレッソは逆転負け。2-0から2-3にひっくり返される。これは悔しすぎる。後半に守備を固めていれば逃げ切れただろうか?などいろいろ思うけど負けは負け。

もっと勝負強いチームに。体が動かなくてもペースを握らせず相手の勢いを止める工夫ができるチームに。
セレッソには、またまだやることが沢山ありそうだ。

負けを真摯に受け止めて成長につなげてほしい。まだ2位だ。諦めずサッカーを楽しもう!私たちはチャレンジャー。

おわり。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。