『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

プレーオフ導入の2017年今さら聞けないルヴァンカップの方式(ルール)のまとめ

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

今、Jリーグのルヴァンカップではプレーオフステージが行われている。

プレーオフステージ?えっルヴァンカップってどんな戦い(方法)を経て優勝まで進むの?なんて疑問を解決するためにまとめてみた。
詳細はYBCのホームページに書いてあるんだけど。まぁ読んでください。

ルヴァンカップにはステージがある

ルヴァンカップには3つのステージがあります。グループステージから始まりノックアウトステージで勝てば優勝です。

  1. グループステージ(予選)
  2. プレーオフステージ(再予選)
  3. ノックアウトステージ(決勝)

ステージへの進み方

グループステージ

J1の14チームが出場します。

J1には全部で18チームあるけどAFCチャンピオンズリーグ2017(ACL)に出場の4チームはシードでノックアウトステージから出場できる。ここでは残りの14チームが戦います。

プレーオフステージ

4チームが出場します。

グループステージでは14チームを2つのグループに分けて試合をします。各グループの2位と3位、計4チームでプレーオフステージを戦います。

2位と3位?グループステージ1位のチームは?
各グループの1位はノックアウトステージに出場できます。プレーオフステージは不要です。

※ポイント
この時点で最後のノックアウトステージに出場するチームは6チームがすでに決まっています。ACL出場の4チームとグループステージ1位の2チームです。

ノックアウトステージ

8チームが出場します。

  • ACL出場の4チーム
  • グループステージ1位の2チーム
  • プレーオフステージで勝った2チーム

ここで勝ち上がれば優勝です。

各ステージの戦い方

グループステージ

去年の順位から14チームを2つのグループに分けます。各グループの中で戦い順位をつけます。7チームが1試合ずつ全チームと戦います。

プレーオフステージ

各グループの2位対別グループの3位がホームアンドアウェーで対戦します。目的は強い3位にノックアウトステージに出るチャンスを与えるためです。(と解釈)
あと、最後まで順位争いをしよう。諦めるなという意味があります。(と解釈)

各グループは去年の順位から分かれるので今年の戦力から見れば強いグループと弱いグループに分かれる可能性もあります。強いグループの3位は弱いグループの2位より強い可能性があるため、2位対3位で決着をつけようというのは良いと思います。

この記事を書いている現在、プレーオフステージでは「FC東京vsサンフレッチェ広島」「セレッソ大阪vs北海道コンサドーレ札幌」が行われています。それぞれ各グループの2位vs3位がグループをクロスして戦っていることになります。

以下、Jリーグホームページより引用。

Aグループ順位

Bグループ順位

ノックアウトステージ

8チームが抽選をしてトーナメント表に割り振る。そしてホームアンドアウェーで対戦し、決勝まで駒を進めていく。決勝は1試合の一発勝負。

2016年はこんな感じ。Jリーグホームページより引用。

この記事を書いた理由

私はセレッソ大阪サポーターでJ2で戦ってた。だからルヴァンカップの方式忘れた。そしてプレーオフステージは今年からでしょ。ってことで自分なりにまとめてみました。

賞金は優勝すれば1億5千万円ゲット。2位で5千万円。3位は各チーム2千万円。頑張ってほしいです。

おわり。

スポンサーリンク
日々慕情という個人的な日記も書いてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。