『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

サッカー(セレッソ)ブログを書く目的や続けるコツ、そしてブログの強さを教える

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

ブログについて改めて書きます。
なんで今更?

だって444記事目だから。

444って何の節目でもないし…

そう、何の節目でもない。
まぁ気にするな。
とにかく近況含めてまとめますね。

ブログを始めた時と動機

ブログを始めたのは2014年7月7日。
そう、ピンときた人は偉い!
この日はセレッソ大阪の柿谷曜一朗がスイスの強豪クラブのバーゼルへ移籍を決めた日。

柿谷曜一朗の旅立ちを目の当たりにし、自分何かに挑戦しようと始めたのがブログだった。

ブログはほとんどの人は続かないと言われている。私はせっかく始めるんだから長く続けたいと思った。長く続けるコツは自分の好きなことに関するブログにすること。

ブログはネタが尽きるから続かない。好きなことに関するブログならネタは尽きない。
なぜなら好きなことは放っておいても自分からストレスなく情報を取りに行く。スマホで調べたりするでしょ、それがブログのネタになり続く。

そう考えた時、私はセレッソ大阪のブログしか続かないなぁと思った。セレッソなら忙しくても眠くても試合は見るしニュースも気になる。

そしてこの「セレッソマン」を開始した。
なるべく続きますようにと期待して。

ブログの目的

ブログにとってPV数とは

ブログのモチベーションとはなにか。一般的にはPV数(アクセス数)がモチベーションになることはあきらか。

PV数が多ければ収益化する人は儲かる方向になる。また、訪問者が多いほどやりがいもある。
ブログの目的の多くは収益を上げることになるだろう、ボランティアで続けるには大変な作業だから。

その収益に影響するのがPV数。
PV数を増やすには「人の役に立つブログ」であることが絶対条件になる。
体験や物の評価、問題の解決策。そんな情報をブログに書けばPV数は集めやすい。

私の場合は少し目的が違う。確かに収益を上げて儲けたいけどそれより先に「続けたい」「セレッソ大阪のブログを書きたい」が優先事項だった。

セレッソのブログは正直儲からないよ。
でも好きだから続けられる。

ブログの目的はPV数じゃない

私のブログの目的はずばりセレッソ大阪の普及にある。セレッソマンにはセレッソ大阪に関係ない記事も沢山あるけど、ネット上で誰かにひっかかり「セレッソ?」となればいいなぁと思っている。

つまり私の場合は『PV数』よりも『セレッソサポーター数』を増やすが目的。
夢と言えば、もしセレッソ大阪の記者席がブロガーに解放される時が来たら「座りたい」。そのためにもコツコツとセレッソ大阪の普及目指してブログを続けているんです。

ブログを読んでもらうための活動

ブログ読んで普及して欲しいからTwitter

私がブログを読んでもらうためにやっていること。それはTwitter。

気軽にフォローください。
⏩フォローはコチラから⏪

現在フォロワー数は約3300。そのほとんどがセレッソ大阪が好きな人。こんなに多くの人とよく繋がれたなと思うと同時に『感謝』です。

ブログを読んでもらうため、このフォロワーにブログ記事を更新したらツイートしている。
いい記事が書けたらリツイートしてもらえるので皆さんのチカラを借りてセレッソ大阪の普及が少しずつできています。
ありがとう。

ブログの読者を大切にしたいからLINE@

Twitterの他にやっていることもあります。
それはセレッソマンのLINE@。

これはブログを更新したらLINEでお知らせするもの。埋もれるTwitterとは異なり確実に更新情報が届けられる。
ちなみにセレッソマンLINE@の紹介記事はコチラ

現在10名が友達になってくれてます。
こんなメッセージももらい「あぁ役に立ってる」と実感してます。

まだ10名だけど、とても大切な仲間です。これからもLINE@を続けたいです。
下のボタンで友達になれるよ。
友だち追加

ブログの現在地(強さ)

セレッソ大阪がメインのブログである「セレッソマン」はどの程度の強さを持つブログなのか。
下に有名なピラミッドがあります。

セレッソマンはずーっと『アマチュア』に位置します。弱い、弱いよ〜。ここから抜け出すことは難しそうですがセレッソ大阪がある限り書いていきたいと思ってます。

ブログやりたい人はこれを機にやってみては?

世界一やさしい ブログの教科書

セレッソ大阪の普及を手伝いたい。目的はただそれだけだから。旅は続く。

おわり。

スポンサーリンク
日々慕情という個人的な日記も書いてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。