『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

セレッソVS甲府を見て清武の途中出場は正解なのか疑問に思う

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

2017年4月22日。
J1第8節。
セレッソ大阪はアウェーで甲府と対戦。

スタメンはいつものようにフットボールラボさんより引用。

セレッソのスタメンはいつものメンバー。
スタメンはイツメンです。

試合は1-1のドロー。
この試合、セレッソが優勢だったのは間違いない。
シュート数はセレッソが13本、甲府が5本。
ほぼセレッソが甲府を圧倒していた。

内容的には勝てそうな試合だったが
そう簡単に勝たしてくれないのがJ1、そして甲府のタフさなんだなと再認識した。

セレッソの攻撃は、柿谷、関口がしかけて、丸橋、松田が追い越してクロスを上げる。
そんなサイド攻撃が主体になる。
甲府はセレッソの特徴のサイド攻撃を封じてきた。

甲府のサイドは厚くなかなか崩せなかった。
でもサイドでゴチャゴチャやってるうちはセレッソも攻められるリスクが少なく
まぁいいかと思った。

そんな中、後半早々に柿谷から杉本へのパスでセレッソが先制した。
いい流れのゲームだった。

その後、関口に代えて清武を投入。
しかし、セレッソは甲府に追いつかれ
試合は引分けで終了。
甲府のフリーキックからのヘッド1発に勝ちは奪われた。

セレッソ2つの気づき

清武は途中出場させるべきではない

清武が途中から出場するとチームの雰囲気がガラッと変わる。
それが良い方に向くかというと五分五分。

清武が出場すると前線でのパスワークがより早く、細かくなりリズムが変わる。
また中央からの攻撃も増える。
こう書けば響きが良いが、清武に周りが呼応しているかというと微妙。
セレッソのサイド攻撃が強みを発揮するかといえば微妙。

セレッソの怖さはアップするが出てきた途端にチームが戸惑っている感じがまだある。
何が言いたいかというと。
清武はスタメンで使うべき選手。
途中出場ではリズムが変わりすぎる。

甲府との試合も清武を出さなくても良かったかもしれない。
そんなに変化が必要だったのだろうか。
リードしていたのに・・・。

セレッソは連敗しにくいチームになった

今シーズンのセレッソを見て、いやー負けんへんわと思う。
守備がかなり粘り強くて頼もしい。
柿谷も関口も村山も全力で守ってます。

ユン監督は連敗しないチームを作りたかったのかなぁ
セレッソを見ているとそんな気がする。

チャンスでもそこまで攻撃にウエイトを置かない感じがあります。
リスクを覚悟せずリスクを管理する冷静な采配、戦術だなと思います。

サイドバックの両方が高い位置を取ること減った気がするし、ボールを大事にする姿勢も昨シーズンより明らかに上です。

ハードなトレーニングとよく走るスタイルが注目されるけど実は冷静で丁寧なチームになっている印象です。

甲府との試合は惜しかったけど
負けないだけマシだわ。
そう思って進みたい。

おわり。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • こんにちは。途中出場ですがさせるべきかどうかではなくて、出場させなくてはいけないのでしょうがないと思います。

    前に記事で見たのですが、いくら慣れていても久しぶりにプレーするのでは体が慣れるまで時間がかかるので試合に定期的に出さないといけないみたいです。
    本番独特の雰囲気やストレスは練習では得られないものですからね。

    なので仕方ないとしか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。