『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

やりたいことへの憧れと心地よさは違う

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

私には沢山のやりたいことがあります。やりたいことのとっかかりはいつでも憧れから来るものであり「カッコいいなぁ」とか「そんな雰囲気を持つ男になりたいなぁ」というのが前提にあります。

私のやりたいこと

映画を見る
映画から人生観を変えたり俳優のように男前なふるまいができるようになりたい。


音楽を聴く
常に音楽が流れる部屋ですごし、ロックな人生を歩んでみたい。


アウトドア
多忙な毎日から逃れ、自然を感じながらコーヒーを飲む。星空の下で語り合うヒトトキがほしい。


犬を飼う
元気な犬が常に私の横にいて、ワイルドに飼ってみたい。少し大きめな犬がいいな。

これらは全てが憧れであり実際に実行できている訳ではない。憧れは憧れのままの方が美しく、現実では自分に必要なものではないことが多々ある。

映画と音楽はやってみた。私の低レベルなネット技術を駆使して映画と音楽にいつでも触れることができる環境は整えた。
でも、全然楽しめていない。

映画は見るための時間が必要になるし、音楽はうるさく感じるし、好きな歌手がいないからダメだった。
やっぱり好きじゃないと基本的には続かない。

アウトドアや犬は実行する前から嫌な予感がしている。アウトドアなんて天気や季節にもよるし何より時間がかかりすぎる。映画も無理なのにアウトドアに時間をさくのは無謀だろう。

犬を飼うについては日中面倒が見れないし、旅行にも行けない。自分の生活には犬に与える余裕がないと思っている。

憧れを実行し満足するためには2つのことが必要になると思っている。
1つは本当に自分はそのことが心底好きなのか?
もう1つは、そのことに自分が犠牲になれるか?

好きでないと続かないし、自分を犠牲にもできない。憧れであっても自分を犠牲にできるほど実行したいかといえば「NO」となることは多い。そんなものは憧れで置いといた方が心地よい。

私の実行して心地よいもの。
それは「セレッソ大阪」を応援すること。
サッカー観戦には時間を犠牲にしても良いと思える。犠牲とかいうどころか進んで飛び込んでしまう楽しさがある。感動と喜びを与えてくれるセレッソ大阪が私は心底好きなんだろうな。と客観的に思う。

それ以外に楽しいことはあるか?

あったガシャポンだ。

こいつは時間もかからないし小銭で買える。
カプセルを開け

バラバラの部品をコチコチと組み立て
え~結構リアルに作られてんな綺麗だなと思い

完成した名前の知らないガンダムを見たときには興奮する。誰だお前、しかしカッコいいな!

飾る場所もなく、数年後にはゴミになろうガンダムでもその時は楽しく心地よい。
憧れは憧れのままで心地よく、楽しいことは身近に落ちている。そんなもんなんだ。
本当に自分の好きなことってなんだろう。いまだに分からないから面白い。

冒険は続く。
おわり。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。