『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』65人ご利用中! 友だちに追加

セレッソ選手コメントで気合注入

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

12月4日のプレーオフ決勝が待ち遠しくてしかたがない。こんなときはセレッソのホームページを物色しながら来るときを待つことにしている。

そこで読み更けたのがまいど!セレッソに掲載のプレーオフ 準決勝 京都戦|試合後のセレッソ選手コメント。

京都サンガとの激闘を昨日のことのように思い出す。
選手のコメントを見ていると印象的なコメントが沢山ある。

⬛柿谷は言う

点を取ることが一番のディフェンス

柿谷らしいチーム想いな表現だと感心した。

⬛丸橋は言う

球際でファイトするのは当たり前のこと

改めて攻守共に頼もしい選手になったなと実感。

⬛キムジンヒョンは言う

やられたくない気持ち

チームを見守る守護神、一番の闘志の持ち主はこの人だと思う。

⬛澤上は言う

守備の部分でうまくいっていた

守備での貢献も期待され使われている、泥臭く走りまわる澤上が頼もしい。

⬛藤本は言う

次に向けて修正していきたい

常にチームの向上に努める包容力に感謝です。

⬛山村は言う

人が出てきたときに、カウンターでしっかり2点目を狙えるように

クレバーでテクニックがあるから頼りにしてます。岡山戦には高さも必要になるので期待してます。

⬛ソウザは言う

来季はJ1で戦えるようにする

何だかんだ言ってもこの人ほど攻守にパワフルな人はいない。緊迫した空気を大胆なプレーで吹き飛ばしてほしい。

⬛清原は言う

1つになって

献身的なプレーにチームは救われてます。完全燃焼で汗かいて楽しそうにサッカーする姿に魅了されます。

⬛何よりも印象的なのは
選手たちが口を揃えて言う「ホームで勝って昇格を決めたい!」の言葉。
これはサポーターも全く同じ気持ちでセレッソファミリーは1つになり決勝を迎えられそうだと実感した。

⬛あと、大熊監督のコメント
私には印象的でした。

柿谷に関しては正直、4試合目でよくここまで戻ってきたというか、持っているものが違うなというところはあると思います。5カ月以上休んでいるなか、この勝負がかかった試合で、ああいうこぼれ球を狙っていることとか、体力もそうだが頭のほうのハードワークだったり隙を突くところは、なかなか言い続けても本人が気づき続けないとああいう場面で行けないもの。それと、やはりチームがソウザの特長をわかってきたり、ここでこれくらい(ミドルシュートが)打てるんだとか、ここに来てケガ人が治ってきて、そういう個性とか個人とか特長を掴み出したということ。ボランチ同士も、最初は蛍が帰ってきたなかでぎくしゃくしたところはあったのですが、お互いが信頼感が増すことによって、かなりシンプルさが増したことが非常に今、中盤で攻守に安定感を生んでいるなと思う。

ブーイングもあったが、やっぱりチームと選手を一番理解し、気にかけてきたのはこの人。
結果論でダメな担任だったけど卒業式には素晴らしい空気を作り、良い1年だったなと思わしてくれる気がしてきた。
選手間の信頼、理解。そんな小さな積み重ねがクラブの成熟には必要なんだと改めて思いました。

選手や監督のコメントから勝ちに行くセレッソを感じ、改めて気合いが入りました。待っているのは最高の週末だ、待ち遠しくてしかたない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。