セレッソ2016

セレッソ大阪J1昇格プレーオフ決勝へ

昨日、セレッソ大阪は京都サンガとプレーオフ準決勝を戦いました。ドキドキした。

京都サンガを相手に良いイメージはなく、個の強い選手が沢山居るから対人で負けて、ペース握られて、あれよあれよと飲み込まれて負けたらどうしようかと思った。

でも、結果は1ー1だった。
J2リーグの上位チームが進出できる規定を活かして「セレッソが決勝へ」!

京都サンガ戦のセレッソは試合開始から、かなり落ち着いてプレーしているように見えた。ドンと構えてガップリ組みに行く感じがあった。浮き足立たずに集中している選手が頼もしく思えた。

京都の力強さを受けて立つ。
セレッソも悪くない。改めて地力の強さを感じた。

攻撃はソウザのシュート力と曜一朗のテクニックに助けられたが、それなりにパスワークも良くカウンターもキレていた。
清原は良く走り、杉本もキープ力を発揮していた。

守備は粘り強く、お互いをフォローしながら守れていた。激しく行くときには熱く、敵のパス回しにはクールに対応していたと思う。

残念なのは先制したのに追いつかれたこと。
完封で勝利したかったけど、完封できないのは実力でセレッソらしいと思うしかない。
完封は決勝に残しておいてくれたらいいよ。今は切にそう思う。

準決勝のスコアなんてどうでも良かった。
選手が持ち味を発揮して決勝に進む。それが一番大切で、チームが1つになることに繋がると思った。
決勝に向けチームの状態は今シーズンで一番良い方向になっていると思う。

最後に失点したことが不安材料?
そんなことはない、いつものセレッソが出ているだけで想定の範囲内。決勝にピークを迎えると信じている。
_20161108_132357
決勝の相手はファジアーノ岡山。
松本山雅はアディショナルタイムに失点して2ー1で岡山に負けたようだ。

松本山雅が勝つ可能性が高いと思っていたが、岡山が勝っても驚かない。サッカーなんて結果が思い通り出るもんではない、今シーズンのセレッソで私は痛感している。

結果はやってみないと分からないもの。
決勝の相手が松本山雅でもファジアーノでも私は構わない。

決勝は勝つ!

それしか頭にないので。
相手がどこになろうが一喜一憂しない。
セレッソに集中。勝てばJ1に行ける。
ただそれだけ。

セレッソが地に足のついたサッカーで、それぞれが持ち味を発揮して、花咲かしてくれたら嬉しく思う。

「We are cerezo!」。
喜びながら言ってみたいなぁ、最後の試合ぐらい。

京都サンガのサポーターの分まで頑張らないと申し訳ない。喜びの裏に悲しみあり。
勝つのはセレッソ大阪だ。

おわり。