セレッソ2016

J1昇格プレーオフ準決勝の日

ついにこの日が来た。2016年J1昇格プレーオフ準決勝の日。
セレッソ大阪が対戦する相手は京都サンガ。プレーオフ進出チームの中で京都サンガが最もやりにくい相手と言われている。

個人の能力が高く勢いに乗ったときの破壊力がやっかいでプレーオフのようなトーナメントでは当たりたくない相手。守備は経験と能力を併せ持つゴールキーパー菅野を中心に形成。

ひょっとしたら京都が昇格するかもなんて声も聞こえるほどダークホース的注目クラブ。
そんな一筋縄では倒せない相手とセレッソ大阪は今日対戦する。
本気の勝負が始まるんだ。

本気の勝負…自分の人生で振り返ったときどう挑んできただろうか?
部活での大一番、仕事で譲れないとき…私には人を圧倒する能力はないが本気の勝負を乗り越えてきた方法がある。

それは「自信と情熱」。
自信と情熱があれば勝負事では相手に圧倒されることはない。
自信と情熱は根拠がなくても能力がなくても沸き立たせることができる。
勝負事では必ず必要になる心の要素だと思っている。

どんなに自分が弱く情けない者だったとしても、自信と情熱は持ち続ける必要がある。
自信も情熱も無いなら戦う前から負けていることになる。
根拠はいらない。自信と情熱を絞り出すんだ。

_20161108_132357

セレッソ大阪にも自信と情熱を絞り出してプレーオフに挑んでほしい。
それは気迫となりサポーターにも伝わる。

選手の自信と情熱でサポーターを奮い立てスタジアム一体で京都サンガをのみこみたい。
そう思う。

リーグ42試合の集大成がこのプレーオフにある。
今シーズンセレッソは罵倒の中、過ごしてきた。
4位でも許されないシーズン。

あと2勝で許される、救われる、罵倒が歓喜に変わる。
見せてくれ自信と情熱。
必勝!セレッソ大阪。

サポーターの声をきけ~


https://twitter.com/crz_norika_8/status/802457244730171392

ほんまに勝てよなセレッソ。

おわり。