『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

【実録】車で伊勢志摩旅行!神とイルカとスペインを体験する1泊2日

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

伊勢志摩に1泊2日の旅行に行った。
子供も大人も大満足の旅になったので、伊勢志摩満喫の観光とレジャーの記録を残す。

なぜ、伊勢志摩なのか?
それは関西から程よく近く、観光とレジャーのスポットがコンパクトに集まっているから。
子供も大人も効率よく楽しめる場所が伊勢志摩なんです。

numbers-1336502_640
旅のコンセプトは3つ。
・時間に無駄がない
・観光と体験をする
・楽しく過ごす
この3つを満たせば必ず充実した旅になる。
mountain-road-1556177_640
旅行には大阪から車で行った。
大阪から伊勢志摩には車で約3時間。
ルートは名神➡新名神➡東名阪➡伊勢自動車道。
朝5時にスタート。
朝早ければすいていて走りやすい道だ。

さぁどんな旅になったのか、以下にまとめる。

私の伊勢志摩旅行の記録

タイムスケジュール

1日目
5時~8時 出発移動
8時~9時前 夫婦岩
9時~12時 伊勢シーパラダイス
13時~15時 伊勢神宮
夕方 ホテルへ

2日目
9時~16時 パルケ・エスパーニャ
16時~17時 温泉(ひまわりの湯)
17時~22時 移動 帰宅

計画段階のメモ

1泊2日で行くべきスポットは以下の組合せにした。
1日ごとにまとめる。

グループA
夫婦石、伊勢シーパラダイス(水族館)、伊勢神宮
photogrid_1476401705433
グループB
パルケ・エスパーニャ(志摩スペイン村)、温泉
2016-10-14_08-36-04
すべて30分程度で移動でき、1時間はかからない。
移動時間が少ないのが伊勢志摩の魅力の1つになる。

観光は夫婦石と伊勢神宮。
体験は伊勢シーパラダイス
レジャーはパルケ・エスパーニャ
というチョイス。

天気に合わせコースを組んだ

この2日分の組合せ、天気によりどちらを先にいくか決めるのが良い。

晴れの日をグループB(パルケ・エスパーニャ)にするのが良い。
傘が持てない遊びになるのがパルケ・エスパーニャだから。
_20161014_165729
私の旅行は1日目の午前中のみ雨。
あとはくもりや晴れ。

天気の悪い1日目にグループAを訪れることにした。
雨の時間に夫婦岩と伊勢シーパラダイスに行く。
夫婦岩は傘をさしても見れるし、伊勢シーパラダイスは水族館で屋根がある。

旅は天気に合わしてコースを組みかえる準備をしておくこと。
これが楽しむコツとも言えます。

旅の感想や思い出、各スポットのコツ

ここから、各スポットの記録を訪れた順に書きます。

⬛夫婦岩
住所は〒519-0602 三重県伊勢市二見町江575。

夫婦岩をプランにいれて助かるのは、朝早く着いても観光できること。
旅の朝は早くなりがちだからオープンを待たなくて良いスポットは貴重だ。
次に訪れたい伊勢シーパラダイスが9時オープンだからそれまでの時間を有効に使えた。

ここは海も見れるし現実逃避にはいい。
沖に伸びる出島的な場所もあり癒される。
dsc_2553
この出島からも夫婦岩は見える。
遠くから見る夫婦岩も悪くないが、もっと近くから見たいと思える。
dsc_2552
結婚してから夫婦岩?恋のパワースポット?
なんて思うかもしれないが、ここは福寿のご利益もある神聖な場所。
dsc_2557
いつ訪れても心が清らかになれる。

ここで学んだのは鳥居をくぐる時に一礼をすること。
一礼をする人が多くいて、調べてみると立派な作法のようだ。

鳥居をくぐる際には、軽く一礼する。これを「一揖(いちゆう)」と言う。

現地に行かないと気づかないこともある。
子供にも伝えたい作法、旅には学びも多くある。

そして、次に向かったのは伊勢シーパラダイス(水族館)だ。

⬛伊勢シーパラダイス(水族館)

ここは夫婦岩から車で3分。
それなりに歩いてでもいける。
隣接しているといってもおかしくない距離にある。

なぜ、ここに来たか?
それは昔、伊勢シーパラダイスが二見シーパラダイスという名前の頃に訪れた時、イルカに触れて感動したからだ。

イルカが飾られることなく水槽にいて、手を伸ばせば簡単に触れた。
感動した。

そんな生き物との「ふれあい」を子供にも経験させたいから伊勢シーパラダイスに再び来た。
dsc_2570
住所は〒519-0602 三重県伊勢市二見町江580。

二見シーパラダイスは伊勢シーパラダイスとなっても、生き物との「ふれあい」を大切にするスタンスは変わっていない。
今でも「超ふれあい」がモットーの水族館だ。
_20161014_121558

この日できたふれあいの紹介。

イルカとボールでキャッチボール。
(興奮して写真とれず)
ここではボールをイルカに投げると、イルカがボールを口でキャッチし投げ返してくれる。
順番待ちもなく、自由に投げていい。
ただし、上手くいくかはイルカの機嫌しだい。
食事後のイルカは機嫌よく遊んでくれる確率が高いらしい。

次はカワウソと握手。
筒に手を置くとカワウソが手を触ってくれる。
dsc_2559
カワウソ可愛いです。
握手できるかはカワウソの気分次第。
たまに飼育員が手伝ってくれるから、その時に行けば握手率アップ!

次はセイウチ。
セイウチのショーが屋外であり、見に行くと触ることができる。
大きくて怖いけど触りたくなる。
_20161014_122349
これは生で見ないと分からない感覚だ。
まさに、超ふれあい!
セイウチには不思議な魅力がある。
最後にセイウチと並んで記念写真も撮れるから思い出になる。

あと、散歩中のアシカも触った。
突然の出会いに驚いたわ。

この水族館はふれあいだけではない。
アシカショーもある。
アシカめちゃめちゃ近い。
dsc_2563
ペンギンの乱入もあり。
良くできた楽しいストーリーのショーだった。
dsc_2566
とにかく、愛のあふれる水族館。
人も少なく自由で生き物がイキイキしている。
やっぱシーパラダイスはいいなぁと再認識した。

そして次は伊勢神宮に向かう。

⬛伊勢神宮(内宮)

住所は〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1。
伊勢神宮(内宮)へは伊勢シーパラダイスから車で20分。
ここに来た目的はおかげ横丁で伊勢うどんと赤福を食べること。

市営駐車場に停めておかげ横丁を歩き、伊勢神宮に行くのがおすすめの散策コースになる。
dsc_2572
おかげ横丁ではメインの目的である赤福本店をめざす。
ひときわ行列の長い店。
それが赤福本店である。
dsc_2571
この日は行列が長すぎて、本店で食べるのを諦めた。

でも、安心を。
赤福はおかげ横丁に複数店ある。
目撃しただけでも3店舗。

本店は諦め、少し奥にある赤福へ行った。
赤福もちは持ち帰りにし、ぜんざいを食べた。
dsc_2573
赤福を溶かしたような甘さの中に焼いた餅がある。
上品で甘くて疲れが吹き飛ぶ味だった。
dsc_2574
伊勢神宮では「和」をこれでもかと味わい癒された。
日本を代表する観光地。
人も多いがその勢いと作り込まれた街づくりを体感した。

そして、志摩にあるホテルへと向かう。
こうして1日目は終わった。

⬛パルケ・エスパーニャ
旅行2日目の予定はパルケ・エスパーニャのみ。
住所は〒517-0212 三重県志摩市磯部町坂崎。

ただただ絶叫しながら楽しむだけの日。
予定をテーマパーク1本に絞ると心から楽しめる。
次の予定が無いと心が解放されるから。

パルケ・エスパーニャはスペインの街並みを再現した遊園地。
街並みには「おっヨーロピアン」と思う景色も沢山ある。
dsc_2595
ヨーロッパは石の建物だから日本には無い風景が随所にある。
dsc_2597
パレードを見ても「スペイン!」と思うシーンが沢山ある。
牛とか…
dsc_2588
色使いが…
dsc_2585
スペイン真っ盛り。

食べ物もスペインらしいものがある。
パエリアとアヒージョ。
広場で作るパエリアは予約しないと食べれない。
ご飯の硬さやオコゲが美味しかった。
dsc_2583

テーマパーク(遊園地)だから乗り物も楽しい。
パスポートで乗り放題。
dsc_2579

子供がバイキング的な船が左右に降られ落ちる感覚を楽しむ乗り物にはまる。
何回乗れば気がすむのだろうか。
dsc_2580
そうして、スペインと乗り物を堪能し、温泉へ向かうのでした。

⬛志摩スペイン村 ひまわりの湯

パルケ・エスパーニャのあとは車で3分で行ける「ひまわりの湯」へ。

なぜ、ひまわりの湯なのか?

それはパルケ・エスパーニャに行くと割引になるから。
そしてパルケ・エスパーニャに近いから。

ここでお風呂に入れば、帰宅してからが楽。
最悪寝るのみでOK!

志摩の温泉はホテルでも入ったが、お湯は臭いがなくトロミがある。
肌がスベスベになるから家族は気に入ったようだ。

こうして、伊勢志摩の旅を終えた。

伊勢志摩旅行に行って良かった点

人が少ない
伊勢神宮はさすがに人が超満員だが、その他の場所は人が少なく快適だった。
夫婦岩は私が早朝に行ったから人が少なかったのかも知れない。
伊勢神宮が人気なら夫婦岩も人気がありそうだから、早朝に行くのがおすすめです。
伊勢シーパラダイスとパルケ・エスパーニャは人が少なくて小さな子供がいる人には最適なスポットです。

スポットが近い
車での移動時間がほんとうに短い。
観光地から観光地が近い、30分で次の観光地へ着くのは最高。
移動疲れがない旅行は体力も消耗せず楽だ。
観光ガイドの本があると便利です。

るるぶ伊勢志摩(’17)


お金がかからない
夫婦岩や伊勢神宮は入場無料。
パルケ・エスパーニャはコンビニで前売り券を買えばお得。
伊勢志摩旅行はコスパが良いと感じるはずだ。

神よイルカよスペインよ。
ありがとう。

おわり。

スポンサーリンク
日々慕情という個人的な日記も書いてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。