『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

2016年J2第6節セレッソ大阪対ジェフ千葉の感想

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

まず、恒例の余談から書きます。セレッソの記事もちゃんと書くからお付き合いください。

もうすっかり春ですね。春の陽気に誘われてこの土日は外に関する遊びをしました。

まず、メカダ用の睡蓮鉢を作りました。今は家の中でメカダを飼っていますが、外で飼おうと睡蓮鉢を準備。メダカは楽しそうに泳いでくれました。水草は水中にマツモを水面にホテイ草を浮かべています。

DSC_2054

そして、春と言えば…ついに桜がほぼ満開になりましたね。ピンクに染まる町並みがとても美しい時期です。

私も花見に行きました。桜並木のトンネルを堪能。春を感じて心もリフレッシュです。

DSC_2046

桜と言えばセレッソ大阪。ここからはセレッソ大阪の記事に入ります。

2016年J2リーグも第6節を迎えました。セレッソ大阪は勝点13の2位。今のところ負けなしの成績。

DSC_2057

でも、本当のリーグ戦はここから。4月はジェフやエスパルスとの対戦がある。この4月を勝ちきれるかで今後は大きく変わる。

DSC_2056

そして、いよいよジェフ戦を迎えた。スタンドも桜満開、ピンクに染まったゴール裏がジェフとの試合の大切さを実感させる。

この日のスタメンには茂庭がいない。負傷中で代わりに田中が先発する。

DSC_2058

心配はいらない。田中は昨シーズンもセレッソにいた頼りになる桜の戦士。そして、迎えるキックオフの時。

ジェフ戦の感想

前半のセレッソは強かったです。ボールは支配するし、ボール取られてもすぐに取り返す。攻守の切り替えは早く、個人の力も見せつけていた。

そんな前半にセレッソは2点を奪う。共にセットプレーからだ。

1点目はコーナーキックから。

キッカーのブルーノメネゲウからゴール前のソウザにボールが飛ぶ。ソウザが叩きつけるヘディングでサイドに流す。

DSC_2059

そこに走り込んだのは山下。コーナーキックのチャンスにはこの人が絡む。そして、ヘディングシュートを放つ。

DSC_2061

シュートはキーパーをかすめてクロスバーへ。クロスバーかい!

DSC_2062

クロスバーに当たり跳ね返ったシュート。そこに走り込んだのはソウザ。ソウザがこれまたヘディングシュート。

DSC_2063

ボールはゴールに吸い込まれた。

DSC_2064

今年はチーム一丸だ!喜ぶ姿から感じる。いつでも得点の瞬間はゾクゾクする。サッカーは、この瞬間があるからやめられない。

DSC_2065

そして、2点目。

フリーキックを丸橋が蹴る。

DSC_2066

ゴール前に美しい弾道が伸びる。丸橋のキックは決まれば、弾道がとても美しいと感じる。

DSC_2067

そのボールの先にはソウザ!ソウザが競り合う。

DSC_2068

そして、競り勝ちヘディングシュート。ボールはゴールの中へ。ソウザってヘディングがこんなにうまいの?驚きと喜びを味わいました。

DSC_2069

今日はソウザの日だ。攻守に大活躍するソウザがセレッソの闘将となる日はそう遠くないと思った。

DSC_2071

そして、後半へ。

後半開始早々、ジェフがゴールを決める。

DSC_2073

試合はこの後、一進一退のドキドキの展開。セレッソは、守りきり2ー1で勝利した。

試合を通じて、ジェフは強いと思った。特に後半は前半と別のチームのように強かった。速さも技術もある。戦術がはまれば、ややこしい相手になると思った。

生まれ変わった怖さ。

2016-03-29_11.35.57

そして、ジェフのこれからの成長を想えば驚異になりそうです。

とにかく、これでセレッソ単独首位!

DSC_2074

次はエスパルス戦。また、正念場です。アウェーでの戦いで勝っておけば後々有利。勝って桜の季節が終わらないこと証明してやりましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。