『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

サッカー日本代表のW杯アジア2次予選を見て

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

皆さん見ましたよね。日本対シリア。5ー0で日本が圧勝しました。日本のホームだし、まだ2次予選だし、結果を不思議とは思いませんでした。

私は普段J2の試合ばかり見ています。なぜなら、愛するセレッソ大阪がJ2だから。そんなJ2と日本代表の大きな違い。

それは…日本代表はとにかくパスがすごい。パスの急速が速くて正確によくつながる。すげぇな日本代表。

あれだけパスが回れば、そりゃ後半に相手は疲れて集中力も失い失点するわなぁと思います。

試合を通じて回すパスは相手にボディーブローのように効き、最後は一方的な試合になる。アジアでは日本の実力は高い。そう感じる試合でした。

パスがつながるということ

ふと、思う。

パスがつながるということ。

それはパスが正確ということ。

それはパスの準備であるトラップが上手ということ。

パスをもらう相手のポジショニングも良いということ。

ボールを取られないキープ力があるから味方も走り込めているということ。

ということは…

トラップ、ポジショニング、個人技の全てが凄いということではないか!

その凄さがパスがつながるという形となって私に見えているのではないのか!

パスが上手いだけではない。日本代表の選手個人のクオリティーが高いんだ。その個人のクオリティーが総じて高いから日本代表のサッカーは美しく強いんだ。

それに比べセレッソ大阪はまだまだだなぁ。「なんでパスがつながらないんだ」以前に個人の力が足りないんだ。セレッソも頑張れ。

そんな風に思い、日本代表の試合を見ていました。日本代表には頑張ってワールドカップに行ってほしいです。

香川、清武、山口。元々はセレッソの選手。セレッソだって頑張れば、もっとパスも回せるし後半に圧倒する試合もできるはずだ。

サッカーは楽しい。日本代表を見てそう感じました。ほんと楽しいねサッカー観戦って。こうして平日の夜を幸せに過ごしましたとさ。おわり。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。