『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

山口蛍ドイツデビュー!フル出場

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

山口蛍は惜しまれながら、サポーターの期待を背負いセレッソ大阪を卒業しました。
その移籍先はドイツのハノーバ。

そして、ついにその時はきました。
ドイツ1部リーグにデビュー!

デビューの記念日は1月30日。
対戦相手はレバークーゼン。

セレッソを卒業した選手のニュースが届くのはとても楽しい。あぁ頑張ってるんだな、自分も頑張ろうと励まされる気分になります。

デビュー戦はほろ苦

山口蛍の所属するハノーバには日本人があと2人いる。酒井宏樹と清武弘嗣だ。

この試合は清武弘嗣は欠場。セレッソコンビは見られなかった。酒井宏樹はPKを与えてしまった。

試合は0ー3の大敗。山口蛍には、ほろ苦いデビューとなりました。でも、山口蛍には良かった点もあります。

アウェー戦でデビュー。これは少なくとも信頼されていると言えます。また、この試合はフル出場しました。

戦力として試されたデビューとしては良かったと思います。様子見なら途中交代です。最後まで試したい気持ちがクラブにあるのは悪くないデビューと思いたいです。

山口蛍はこの試合、ダイヤモンド型の中盤の右サイドで出場。あまり見慣れないポジションでした。

海外に移籍するとゼロベースで評価され、新たな役割、ポジションが与えられることもあります。

そんな刺激が山口蛍のポテンシャルを引き出し、一皮剥けるのを楽しみにしています。スタミナや基礎的な技術はあるので、それなりにやっていけると楽しみにしています。

山口蛍はデビューの感想を「すごくタフだった」とコメント。このブンデスリーガのタフな世界で更にたくましくなる山口蛍に期待したいです。

デビューは大敗のほろ苦いものでしたが、その分成長するはず。セレッソを卒業しても応援しています。

たくましくなった姿を日本代表で見れる日が楽しみです。

スポンサーリンク
日々慕情という個人的な日記も書いてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。