『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

J1昇格のヒントをリーベルプレートから学ぶ

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

昨日、クラブワールドカップがありサンフレッチェ広島がリーベルプレートと対戦しました。サンフレッチェは頑張ったのですが1-0で負けてしまいました。

私はセレッソサポーターですから、サンフレッチェの敗戦がどうのこうのとは書きません。リーベルプレートはあくまで決勝にピークがくるよう調整しているなと感じました。

この試合を観戦し、リーベルプレートのスゴイと感じた点を記事にします。少しでもマネできればセレッソはJ1昇格に近づくのではないかと思いました。

守備はボールを奪う、相手を止める

何を当たり前なことをという見出しですが、リーベルプレートを見て、サッカーはボールを奪うことから始まると改めて痛感しました。

リーベルプレートで驚いたのはのボールを持つ相手への間合いの近さです。これ、セレッソの半分位の距離で相手に詰めています。

リーベルプレートは常にボールに足が届きそうな位置でディフェンスしてます。スゴイ近さです。

普通、ディフェンスは相手に抜かれないこと、前にパスを出させないことに重きを置きます。抜かれて自由にプレーされたり、ゴール近くにパスを出されるとリスクが増大するためです。

セレッソでは、上記のリスクを避けるため、間合いに一定の距離をとります。距離を取ると当然、目の前の敵からボールは奪えませんから、相手の出すパスを別の選手がカットすることでボールを奪うのが基本になります。

しかし、リーベルプレートは違いました。常に目の前の敵のボールを奪いに行きます。そのための近い間合いです。

ドリブルで抜かれるリスクは増すのですが、リーベルプレートは抜かれそうになると体で止めに行きます。常に足がボールに届き、体で動きを制するディフェンスの迫力は凄かったです。

ボールを奪う、前進させないが基本にあり、何よりディフェンスはボールを奪うことが目的と改めて感じました。

セレッソの場合は得点を取られないを優先してますから、守備の迫力が違います。

セレッソにはないディフェンスのワクワクがリーベルプレートにはありました。ボールを奪うことへの執着。J1昇格のヒントになりそうです。

とにかく進む、とにかくボールへ触る攻撃

リーベルプレートの攻撃の推進力は凄かったです。とにかくボールが前に進みます。目の前に相手がいても頭を越してでもボールを進めます。

驚いたのはドリブルの推進力です。セレッソの場合、いかに相手にボールを触らせないかという感じでドリブルします。その結果、横に逃げたり、後ろを向いたりで推進力の低いドリブルになります。

しかし、リーベルプレートは違いました。相手の足に当たってもお構い無し。足に当たったボールをさらに蹴りだしてでも前に進みます。

そもそもの目的が違うと感じました。ドリブルはボールを前に進めるための手段で、相手に取られてもドリブルは終わらない。ボールが近くにある限り前に進むためにアタックを続けます。

パスもそうです。ゴールに近づくためならカットされるリスク承知でパスを出します。

とにかく前進しないとゴールに近づかない。当たり前のことをリーベルプレートは勇気と体を使って実践してました。

ゴールに向かうことの情熱がセレッソとは大きく違います。何回でもアタックして、とにかくゴールを。セレッソがJ1に昇格するヒントになるかもしれません。

全てのプレーが圧力を生む

とにかくボールを奪う。とにかくボールを進める。そんなプレーを全力で行うリーベルプレートはとんでもない圧力を生み出していました。

広島はやりにくかったと思います。来る?まだ来る?って感じでしょう。サッカーは純粋にボールを手に入れてゴールに入れたものが勝つ。それが基本にあり、高いレベルでシンプルに実践するリーベルプレート。そりゃ強いわ。

セレッソはリスクケアばかりでサッカーの本質を忘れている気がしました。形はどうでもいい。ボールをとってゴールに入れることをガムシャラにやってほしい。セレッソにはそうお願いしたいです。

美しいパスサッカー全盛の時代に、リーベルプレートが忘れかけたサッカーの本質を思い出させてくれた気がします。楽しかったです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。