河川敷

あなたのジョギングが続かない理由

私は体力維持とストレス解消を目的にジョギングを3年以上続けています。その経験からジョギングが続かない理由を考えてみました。

ジョギングダイエットは体重を計ってはいけない

ジョギングの目的の多くはダイエット。ジョギングにおける消費カロリーは【体重(kg)×距離(km)=消費カロリー(kcal)】と言われています。

体重を1kg減らすためには7000kcalの消費が必要です。ジョギングで計算すると仮に体重70kgなら100kmジョギングしてやっと1kgのダイエットになります。ジョギングのみのダイエットは想像以上に非効率なんです。そのためダイエットには必ず食事制限が必要です。

ジョギングのみのダイエットでは必死に走っても体重を計ったら痩せていない。走る距離にもよりますがジョギングにはダイエットへの即効性はないです。実際に減らない体重を目の当たりにすると続くジョギングも続かなくなります。だから体重をはかってはいけないのです。

汗かいて疲れた。その実感のみにとどめることがジョギングを継続する秘訣になります。

ジョギングには癒しを求めないといけない

ジョギングを継続するためには気持ち良さが必要です。気持ちよく行うために重要なのはコースの選び方です。コース選定を誤ればジョギングは続きません。

DSC_1490

私は河川敷に行きます。街中より河川敷の方が景色がよく圧倒的に癒され気持ちがよいです。河川敷が気持ちよい理由を説明します。

緑や花が癒してくれる

河川敷には自然が豊富で季節の移り変わりを体感できます。木や花を見ながら運動すると癒されます。

DSC_1481

これは河川敷の木です。写真ではただの木ですが実際に見ると街中にはない、とても大きな木です。普段の生活で大きな木を眺めることはない。木を眺めるだけで非日常的で癒されます。

また、木の上に広がる大きな青空。最近、広い空を眺めていない自分にも気づきます。雄大な自然は無条件で心を癒してくれます。

DSC_1480

これはコスモスです。私は花には興味がないですが自然と目に飛び込んできます。花を見ると不思議と元気がわき季節も感じます。興味がなくても河川敷では主役の花に心が勝手に感心を持ちます。

河川敷という殺風景な景色だからこそ、一つひとつの花が輝いて心を癒してくれます。

ジョギング中は普段絶対に見ない景色を探さないといけない

河川敷ならではの景色は他にもあります。それは橋を下から見ることです。

DSC_1486

橋は横から見ることは多いですが河川敷に行けば裏側が見れます。ここにロマンを感じます。

DSC_1483

土台が丸くてかわいい橋もあります。

DSC_1482

これはガッシリした土台です。

DSC_1478

これは3本の脚が並び古い感じがします。

DSC_1477

これは先程の2本脚バージョン。きれいに並び脚の間に吸い込まれそうです。
橋は思ったより大きく、それぞれ造りに特徴がありロマンを感じます。そんな刺激がないとジョギングは続きません。

ジョギング中は考え事をしよう

人には沢山の悩みがあります。仕事やプライベートの悩みを部屋でモンモンと行っても深みにはまるばかりです。

それが河川敷なら、もっと大きな心で考えることができます。雄大な自然から見れば悩みのほとんどはチッポケです。

また、運動しながら悩むとポジティブになれます。活力が湧いた状態なので強い心を取り戻せます。

悩みごとをするために運動する。大きく物事を考えるために河川敷に行く。河川敷と運動は悩みごとにもナイスなコンビです。悩むための機会として走ればジョギングを続けることができます。

まとめ

ジョギングを続けるには2つの方法しかないと思っています。

1つは大会やイベントに出るための練習。ジョギングならタイムを測りながら走るのが良いです。体重はなかなか減らないけどタイムは徐々に伸びます。

大会やイベントに出るようになれば楽しめ継続できるだろうなと思います。競技としての目標がありますので。

もう1つは、癒しです。私は癒しを最大の目的にジョギングをします。この場合はやはりコース設定が重要です。

できるだけ非日常的な場所を探すのが良いです。景色を楽しんだり悩んだりしながら体力アップに励むことができます。

目的が癒しなら嫌がる自分も居なくなり継続できるようになります。

色んな本も出ています。自分にあったやり方を探しても良いかもしれません。


個人的には、とにかくダイエットを目的にすると続きません。すぐには体重に効果が出ず、三日坊主まっしぐらです。

心身共に健康になりましょう。ジョギング続けよう。

おわり。