セレッソ大阪

南野拓実というサッカー選手に期待せよ

南野拓実が日本代表に選出された時がありました。セレッソ大阪サポーターとして、とてもハッピーな気持ちでした。南野拓実は中学入学と同時にセレッソ大阪に入り育成されてきた選手でセレッソサポーターには特別な想いがあります。

南野拓実とは

南野拓実に抱くイメージは次の通りです。

セレッソ大阪育成史上最強のメンタル

セレッソには選手育成の歴史があり育成されてきた各選手には特徴があります。どの選手も優れたプレーヤーですが特徴をあげるなら、香川真司はボールコントロール、柿谷曜一朗はトラップテクニック、山口蛍はボール奪取能力、乾貴士はドリブル、清武弘嗣はパス…。

では、南野拓実は何がすごいのかそれは「勇気」です。何それと思うかもしれませんが最もストイックで負けん気が強くて熱いプレーをします。それらを総称しての「勇気」となります。

この「勇気」が成長の原動力で日本代表にも新しい風を吹かしてくれるかもしれません。

セレッソ飛び級モンスター

南野拓実は20歳にして海外で活躍を始めました。

セレッソでは背番号8を着けてから海外に旅立つのがエースの通常路線ですが、南野拓実は背番号8を着けずして海外に飛びました。

背番号8柿谷曜一朗がスイスバーゼルに移籍する時、南野拓実にあとを託す発言をしました。あの時、サポーターの誰もが南野拓実の背番号8の継承を信じて期待しました。

セレッソにとって背番号8伝承は特別な意味があるのに、南野拓実は8を着けずにアッサリと海外へ。

サポーターは背番号8の南野拓実を見れないことにガッカリしましたが、南野拓実らしい、良い意味での裏切り方とアッサリ感に改めて魅了されました。今思えば背番号8が追いつかない成長が南野拓実にはあったということになります。まさに飛び級モンスターです。

南野拓実に期待したい

セレッソの勇気、南野拓実のここに期待したいです。

まず、堂々としたプレー。南野拓実は年齢関係なくプレーする我が道を進むタイプ、日本代表に選ばれても堂々としているはずです。もともとキモが据わっているタイプ。堂々とした振るまいに期待したいです。

南野はメンタル面でも攻撃的な選手です。おとなし目の日本代表にヤンチャで熱い風を吹かしてほしいです。常にゴールをねらう、打開する姿勢を日本代表サポーターに見せて驚かしてほしいです。

セレッソ大阪が育てた勇者が日本に新しい風を吹かす。ワールドカップに向け勇気を注入してくれることに期待しています。

おわり。