『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

10倍楽しむ2015年9月20日セレッソ大阪対大宮の見方

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

J2第32節。セレッソ大阪対大宮が2015年9月20日(日)に大宮のホームで行われます。キックオフは18時の予定です。

セレッソ大阪はこの試合で勝てばリーグ4連勝です。2位ジュビロを追従するため、また大宮を独走させないためにも負けられない一戦になります。この大事な試合の見方を考えてみました。

セレッソ大阪が勝つためには

セレッソ大阪はスタメンメンバーでは怪我のキムジンヒョンの欠場はあるものの、戦力的には勝負できる戦力があります。

一方、大宮は看板を壊して欠場していたキング家長が復活する。大宮がここ2試合勝ちがないのは家長不在の影響が大きくセレッソは簡単には勝てない状況になります。

大宮は失点が20と少なくこれといった弱点は見つからない。ただし、ドリブルやスルーパスからの失点が散見され、ひょっとすると一瞬のスキがDFに発生する可能性があります。

セレッソはこのスキを突くアイデアと集中力と決定力が必要になります。やはり期待は玉田です。一瞬のスキを突けるのは玉田の経験と技術しかない。頼むエジミウソンだけは起用を勘弁してください。

セレッソが負けないためには

大宮はパスワークからの得点を得意としています。セレッソが取るべき守備はゴール前で「ブロック」を固めるか相手の自陣でのボール回しを防ぐ「ハイプレス」のどちらかしかありません。

この「ブロック」と「ハイプレス」をチーム全体で選択して守らないといけません。攻撃陣は「ハイプレス」で守備陣は「ブロック」なんて中途半端な守備をすると中盤にスペースが空き自由にやられます。

個人的には「ハイプレス」による守備が良いと思います。「ブロック」を固めても家長がいるので危険です。

ここは家長までボールを繋がせない意味でも「ハイプレス」が最良です。また、「ハイプレス」の場合、ボールを奪えばゴールが近く得点のチャンスが広がります。

「ブロック」を固めた場合、カウンターが狙えます。カウンターは大宮が苦手とする攻撃ですが、セレッソにはそこまでの速さはなく、また大宮もセレッソ相手に簡単にはカウンターを食らう攻め方はしないと思われます。

こんな展開希望

勝負は前半です。「ハイプレス」からボールを奪って2―0ぐらいにしてしまうこと希望します。

「ハイプレス」は体力を消耗するし、相手も次第に慣れてくるため1試合通じて行うのは難しいです。

だから前半に思いきり行くべきです。関口が奪って玉田がドン!これが理想の展開です。そして疲れた後半には1点取られたけど2―1でセレッソ勝利。こんな展開を希望します。

絶対に引いて相手を観察するようなゲームをしてはいけません。アウェーは勢いでいかないと勝てません。先手必勝、セレッソは挑戦者なのです。

セレッソのキープレイヤー

出場しなかったらごめんなさいですが、玉田と関口、そして楠神です。

なかでも関口の運動量は絶必です。関口がいないと相手に自由を与えます。攻守に良い意味でうっとおしい選手で、大宮が相手なら更に貴重なプレーヤーになります。

玉田は今セレッソで一番得点の臭いがします。シュートの種類が豊富で決定力があります。玉田が平然と点を取るシーンが見えます。

そして楠神です。途中出場はエジミウソンでなく楠神にしてほしい。相手を乱す「ハイプレス」と「ドリブル」はチームのピンチを必ず救うはずです。王道を行く相手には楠神が効きます。

こんな感じで観戦しよう

パスワークで攻めてくる大宮。セレッソの守備が機能しているか見る指標としては山口蛍の動きを見れば分かりやすいです。

山口蛍が中央でどっしり構えていればセレッソの守備は機能しているといえます。山口蛍が走り回っているとセレッソの守備は相手を受けとめきれていない状況です。

山口蛍が安定したポジションを取っているか見ながら観戦しよう。

また、セレッソが「ハイプレス」か「ブロック」かどちらを選択して守備をしているかを確認しよう。

今回はサイドからのみの攻めではダメです。中央からアイデアを駆使して攻めるセレッソが見れそうです。

中央突破で躍動するセレッソを楽しみに観戦しましょう。

大宮はセレッソ、ジュビロとの試合を残しています。セレッソが大宮に勝てばジュビロも大宮に勝たないといけなくなります。

プレッシャーをかける意味でもこの試合は重要で勝てば勝点「6」の価値があります。真の実力が試される一戦。ワクワクしますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。