『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

セレッソ対栃木SCを見たおじさんレポート

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

セレッソ大阪対栃木SCを見たおじさんのレポートです。おじさんとは「私」です。

試合当日、私は子供と遊ぶためキンチョウスタジアムには行けませんでした。そんなときのためにスカパーに入っているから大丈夫。試合は見れます。

「安心してください、スカパーで見れますよ」

19時キックオフだけどタイムリーには見れません。子供がまだ起きていてテレビが見れないのです。

子供は20時に寝ました。前半が終わってるなぁと時計を見て思いました。

「安心してください、スカパー録画してますよ」

そして、キックオフ

炭酸水を用意してソファーに寝ころぶ。これがおじさんの観戦スタイルです。ソファーゴロシュワスタジアムの完成です。

そして、キックオフという名の追っかけ再生が始まります。キックオフまでは早送りです。テクテクと選手が歩き、目にも止まらぬコイントス。円陣も一気に飛び散りキックオフです。

「高校球児なみのテキパキ感」

試合が始まり意外と一進一退の攻防。攻めるけど攻められる展開。こんな時に怖いのは先制されることや相手GKが神がかっていること。

先制されてズルズルはセレッソではおおいにありえるリスクだし、相手GKが神がかると何してもダメな場合があるから。

そんな展開嫌だなと思った頃、おじ友の玉田さんがゴールを決めました。ゲームみたいなイカしたシュート。素晴らしい。

これで相手GKが神がかることもないと一安心。あとは追加点を待ちます。

炭酸水がシュワっと喉を通ったその時、パブロがダイビングヘッドでゴール。少年サッカー入門並みの美しいフォームに感動。これで2―0となった。

もう「勝つやろ」と思ったのに、実況のおじ友たちが次の得点がどっちに入るかで試合の結果は分からないと連呼します。

「セレッソが勝つんだよ」と思いながらおじ友の実況を聞いていた矢先、おじ友の田代さんがやってくれました。

後ろから来たボールを右手で止めて左手で押し出す、バスケットボールは得意でない相手守備を振り切りゴール。素晴らしいバスケット感に感動です。

これはクロスオーバーというバスケットの技かもしれない。なんて思いました。

相手はハンドを主張しますが審判がハンドじゃないっつったらハンドじゃないと炭酸水を飲みました。

ハンドであっても相手はゴールをわらせないよう頑張る必要があったと思います。ハンドだからってゴールをゆるしちゃいけないです。

私は想い浮かべました。遠足は雨で中止と誰もが信じて疑わない前夜、一人準備を整え早寝を実行する田代くん。奇跡的に遠足当日は晴れて、自由行動で一人躍動する充電満タンの田代くんを。

雨だと、ハンドだと思った敵が悪い、お天気と審判は予想を超えるんです。ハンドと言うならハンドでいい。ただ公式記録は田代さんのゴールなんだよ。

と思いながら炭酸水を飲み干して試合終了。セレッソは無難に快勝。気持ちよく寝れた日曜の夜でした。

さぁ、おじさんは何回炭酸水を飲んだでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。