『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』47人ご利用中! 友だちに追加

つまらないサッカー日本代表と次のステージへ

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

サッカー日本代表はワールドカップロシア大会アジア2次予選でアフガニスタン代表と対戦し、6-0で勝利しました。

ワールドカップに向け日本が勝つことは嬉しいのだが、日本が一方的に攻める試合で見ていてつまらなかったです。

日本が負けても良いのかと言われるとNOだが、心の底ではもっと熱い試合が見たいという自分がいました。

なぜ日本代表の試合はつまらなかったのか

私がサッカーに求めているものはエキサイティングでスリリングな展開です。日本語で言えば興奮するハラハラドキドキする試合です。

アフガニスタン戦は全くそのような感覚がありませんでした。途中にトイレに行っても大丈夫。そんな試合で実につまらなかったです。

日本が相手を圧倒する様子は誇りに思いますが退屈でした。そこには次第に点を取っても喜ばなくなる選手たちと試合終了を待つ自分がいました。

1点を争う試合の方が選手は実力を出し切り見ごたえがあるし、歓喜の瞬間があります。そんな試合が見たいと私は常に思っています。

これはただの贅沢ですね

退屈な試合の原因は日本がアジアで強くなったことにあります。ワールドカップの2次予選レベルでは安心して観戦できるようになりました。

これはとても贅沢なことです。日本代表はワールドカップ出場が目標でなく、通過点になっています。

自国の代表がその地域で強いことはとても幸せなことです。それだけで十分なのに実力と矛盾したエキサイティングでスリリングな試合を望むなんておかしいなと客観的に思います。

どこまで自分は贅沢なんだと少し呆れるぐらいです。

サポーターも強さを自覚する時期

日本代表が相手を圧倒する試合が増えてきた現在、サポーター(私だけ?)も日本の強さを自覚し観戦するポイントを変えていく必要があります。

守備をかためる相手をどう崩すか、崩し方ひとつにも不満を感じなければいけません。現状に満足せず、もっと強くなる代表に不満を持たないといけません。

6-0でも不満を述べるぐらいサポーターも成長しないといけないと思います。そこには代表の実力アップについていけていないサポーター(私だけ?)がいます。

最近まで油断すれば勝てない代表を見てきたから無理はないですが、そろそろアジア強豪国の自覚をサポーターも身につける必要がありそうです。

ハラハラドキドキのゲームはワールドカップ本戦までおあずけです。今は日本代表がさらに強くなるよう、サポーターもレベルアップに励む時期です。

ロシアワールドカップでは地に足のついた、動じない代表とサポーターを世界に披露できるようサムライブルーを応援していければと感じています。

日本代表とサポーターは次のステージへ。共に楽しめれば幸せですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。