『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

フォルランとカカウのシュートのスゴさ

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

最近はセレッソの試合がないのでフットボールサミットを読んでいます。

フットボールサミット(第30回) [ 『フットボールサミット』議会 ]

価格:1,404円
(2015/9/5 14:45時点)

その中でフォルランとカカウのシュートのスゴさについてキムジンヒョンが話しているのですが、その表現にとても興味を持ちました。

キムジンヒョンがフォルランとカカウのシュートを語る

軌道も違うし、回転も違うし、スピードも全然違うし。目から離れていくのに入っている。 目から逃げていくから、ああ、入らないな、と思ったら入っている。

キーパー独特の表現があって面白いコメントだと思いませんか?

いろいろな解釈ができますが、私はまずキーパーのシュートに対する視野にはゴールマウスの大きさがのインプットされていると分かり感心しました。

つまり、目に入ってくるものはゴールに入る可能性があり、目に入ってこないものはゴールから外れるってことです。

キーパーの感覚ってすごいなぁ。だから蹴った瞬間に外れることが分かったりするんですね。

そして最大の驚きは、フォルランとカカウのシュートがキーパーの感覚を超える次元にあったことです。

目から逃げていくのに入る。これはなんだろうか?キムジンヒョンから見れば感覚が万全に機能しない、少しパニック状態ですね。

軌道や回転やスピードが違うだけではこんな感覚にはならないと思います。反応が遅れたら失点に繋がるとは思いますが、目から逃げていくのに入ることはない気がします。

フォルランとカカウのシュートはおそらくキーパーがインプットしているゴールマウスの大きさを違う角度から捉えにいっている気がします。

それが何かは分かりませんが、シュートを打つタイミングだったり、体の向きとシュートの方向の違いだったり、バウンドする叩きつけるシュートだったりする気がします。

フォルランやカカウのシュートは打つタイミングと軌道が独特でした。日本人ならまっすぐシュートを打つのに、フォルランとカカウのシュートは縦方向の変化が常に加えられていました。

叩きつけたり、浮かしたり、まっすぐ打つのがもったいないぐらい変化を加えていました。なんというか日本人のシュートは2D、フォルランとカカウのシュートは3Dという感じの軌道でした。

これが目から逃げていくということかもしれません。ゴールに向かいながらキーパーの視界から逃げるシュート。そんなことができたからワールドカップの得点王になれたんですね。

フォルランのシュートテクニックを盗むのは無理だと思うけど、キムジンヒョンが受けた感覚をセレッソの宝にしてストライカーの育成にはげんでほしいと思います。

キーパー目線でのストライカーのスゴさ説明は斬新で面白いと思いました。

スポンサーリンク
日々慕情という個人的な日記も書いてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。