『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

セレッソ大阪がFC大阪に負けても一週間は始まるわけで

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

土曜日に天皇杯の1回戦でセレッソ大阪はFC大阪に負けました。当日は観戦に行き悲劇を目の当たりにしました。

試合当日の土曜日はイライラと悲しみを引きずりましたが、日曜日を過ごし、月曜日を迎え気持ちが変化してきました。

土曜日は情けない現実を受け入れたくはなかったのですが、月曜日の今は負けを受け入れることができています。

嫌なことがあっても時間は流れ、また、一週間は始まるのです。前を向いて進まないといけませんね。

セレッソ大阪は強くない

FC大阪はJFLのチームでセレッソ大阪が圧倒的に強いと思っていました。それはただの過信でした。

リーグ同様のメンバーなら圧倒できたかもしれません。しかし、メンバーを入れ換えまくり、連携も何もない即席チームでは勝てませんでした。

控えメンバーではJFLチームを圧倒できない。セレッソはそこまで強くないことを再確認する試合でした。

FC大阪には元Jリーガーが沢山いて、そのチーム力はアマチュアではないです。セレッソの控えメンバー並みの能力を持っているのです。

さらにリーグ戦の中で連携も磨いていて、セレッソの分析もしっかりと行っていました。

セレッソは中からの攻めは封じられ、サイドから攻めるしかなかったです。しかし、丸橋と酒本をベンチにすらいれていないセレッソは翼を失った状態でフィールドを自由に飛び回ることができませんでした。

この試合で言えることはセレッソは強くない。FC大阪はしっかり準備していた。に尽きると思います。

セレッソの控えたち

セレッソは普段のスタメンからメンバーを大きく変えてきました。控えメンバーを見た印象をまとめます。

フォワードの永井選手は持ち味の勇気あるプレーを果敢に行っていました。しかし、パスへの反応がイマイチでボールの扱いも雑でした。

気持ちを前面に出すプレーは期待せずにいられませんが、まだまだプレーの精度を高める必要がある印象です。体をはったプレーはできるのでテクニックが向上すれば面白い選手になれそうです。覚醒が待たれる印象です。

サイドバックの椋原選手はセンタリングの上げる準備が課題です。パスを受けてから上げるまでがワンテンポ遅いです。また、敵をかわしてセンタリングを上げる工夫なども必要な印象です。

ゴール前の状況を見ながらDFをかわすのは難しいですが、それができればスタメン定着できそうです。献身的なプレーはできるので頼もしい一面もあります。

サイドバックの田中裕介選手は思ったよりよかったです。蹴ったボールの球筋が良い気がしました。また、スローイングは飛距離がありいいです。サイドバックの控えとしてはまだ計算できる選手と思いました。

セレッソの控えでスタメン級はやはりMFの吉野選手です。トラップからドリブルに入る滑らかさは海外に巣だったセレッソの選手たちを思い出させます。

やっぱり吉野はうまいです。ただ持ち味をセレッソの中でまだ出しきれていない印象があります。セレッソらしいテクニックとプレースタイルなので何としても存在意義や力を発揮する場所を早く見つけ、中心選手になってほしいです。

エジミウソンはもうダメかも。全くワクワクしないです。なんだかエジミウソンより吉野の完全復活が昇格に必要な気すらしてきました。エジミウソン問題は長引きそうです。

さぁ切り替えて

天皇杯を見て、セレッソはまたまだ選手層が薄い印象を持ちました。J1に向けより強靭な選手層が必要になります。

9月13日の栃木戦まで時間はたっぷりあります。今回の敗戦を活かしてチームのレベルアップに励んでほしいと思います。

考え方によっては天皇杯の1回戦敗退はこれ以上ないショック療法です。今となっては良い方に使うべきです。

天皇杯の悪夢を払拭するにはJ1昇格しかありません。悔しかったらJ1に上がってみろや!とも思います。

セレッソサポーターは常に苦楽をセレッソと共にしています。セレッソは成績が不安定なクラブで大変だけど、その分結束と愛は強いです。

山あり谷ありだけど、それもセレッソらしさです。切り替えて共に頑張りましょう。負けてもサポーターは付いていく、それにクラブは応える義務があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。