カリフォルニアディズニー

カリフォルニアディズニーの前にロスを観光する

さぁ、ロスに着きましたよ。空港到着からロサンゼルス市内観光の思い出を記事にします。

ロスの入国審査

驚いたのが入国審査にかかる時間。めっちゃ人が多いので入国審査に時間がかかる。タイミングによっては1時間以上かかるぞ。マジでめっちゃ人多い。様々な人種が疑われながら入国する。全員顔写真撮られながら並ぶ。

入国審査にあたり私が荷物で持ってきた怪しいものは3つある。せんべい、海苔、インスタント味噌汁の日本の食品たち。これらは入国審査で聞かれたら英語で答えないといけないと考えていた。並びながらメモ帳を繰り返し確認する。日本人の勤勉ぶりをロスで発揮した。

せんべいはライスクラッカーやろ。海苔はシーウィードやろ。インスタント味噌汁はパウダーミソやな。繰り返し唱える。

そして入国審査。ベラベラと話しかけられた後、何となく荷物のことを聞かれた。

「ライスクラッカー、シーウィー…」

その時、どうぞ!と通された。
きっと、ライスクラッカー?こいつなにゆうとんねん。もうええわ、しょぼい日本人だから何もせえへんやろって通過させられた。そんな気分だった。こっちは無事に入国できたらいいので、結果オーライ。さぁ入国!パウダーミソと共に。

ロサンゼルス市内を観光

空港でガイドに会う。そして車に乗り込む。後は完全にお任せ。ガイドは日本語を喋るので安心です。

まずはサンタモニカステートビーチへ

桟橋で有名なサンタモニカステートビーチに行く。私はヤシの木が並ぶビーチの景色に憧れていたので、ぼーっとする家族とは異なりかなり興奮してた。

また、海岸近くのアメ車やアメリカンな風景を心底楽しんだ。

今回の旅の目的はカリフォルニアディズニーであったがロスの市内観光は私には重要なポイント。ぜひ見たい風景がそこには並んでいた。

ここはカリフォルニア。世界でもそこそこのセレブが集う。街中に世界的なブランドショップが並ぶ。ハリウッドの俳優や世界的な有名人の住む、豪邸の並ぶビバリーヒルズも通った。

日本の庶民には眺めることしかできなかったが、それでもアメリカン・ドリームというか、夢やロマンを味わうことができた。成功者はこんな街でこんな景色を眺めて過ごしているのかと興奮したことを忘れない。

次にファーマーズマーケットへ行く

ここは地元のショッピングモール。なぜこんな場所に来るのかは分からないが、地元を味わうことと昼飯が目的と感じた。昼飯はポークの奴とビーフの奴。どっちもパサパサで味はバーベキューソースの主張がガツガツでももええわってなった。

一言でいえば、うまくもまずくも無い。1食2000円くらいした。ピザにすればよかったかなと思ったが、ピザは日本にもあるのでやめた。そのあとショッピングモールを一通り眺め、次の観光へ向かった。

そしてチャイニーズシアターへ

チャイニーズシアター。

ここは有名な俳優の手形があったり、アカデミー賞の授賞式がある建物があったりするところ。
映画にはあまり興味がないので施設には興奮しなかった。ドナルドダックの手形を見つけ喜ぶレベル。

チャイニーズシアターよりアメリカの街を歩く自分に興奮した。歩道には本当にいろんな人がいた。チャイニーズシアター前にはニセモノのミニーなども居て写真を撮るとお金を払うはめになる。要注意だ。

ここでトイレに行こうとした時、トイレの入口には番号式の鍵がかかっていた。アメリカにはよくある勝手に使えないタイプのトイレ。(参考)ディズニーランドのトイレは自由に使えるよ。

本来なら店員などに番号を聞いてドアを解錠して使用するのだが、店員もいなけりゃ番号の聞き方も分からない。じっと入口で待つと外国人が解除してトイレに入る、すかさずダッシュで一緒に入り、ことなきを得た。この地では便所に便乗。これが1番の思い出である。

最後にハリウッドサイン

まぁベタですね。これをみた。

そうHollywoodの看板ね。とくになんの実感もない。よくテレビで見る看板ねーという感じ。近くに来たから寄った、せっかくだから感満載で写真を撮る。

今日も終了、ホテルにチェックイン

宿泊はディズニー・パラダイス・ピア・ホテルです。その詳細は次回書きますね。

観光は興味によらず、時間ある限り色んなものを見ておくことが重要。だって二度と来れないかもしれないし、観光すれば必ず何かを感じるから。そう思ったロサンゼルス市内観光でした。

カリフォルニアは少し暑いけどカラッとしてる。カラッとしてるから風が気持ちいい。セレブな都会にヤシの木が並ぶ開放的なビーチがある。こんなところに住みたいと思った。日本のジメジメが早くも懐かしい。

〈旅に役立つプチ情報〉
旅に備え本屋さんを物色したら、この本が一番ディズニーのこと詳しく載ってました。わたしは買いました。
押したらAmazonに飛びます。ご参考まで。