菜園

ベランダ菜園でミニトマト「ミニ姫」を育てた結末、失敗から学べ!

5月のこと。家のベランダにプランターを置き、ミニトマトを育て始めた。その結果を今回は紹介します。

今回のミニトマトの品種は「ミニ姫」。過去にもミニトマトは育てたけど、ミニトマトって支柱が必要で、プランターだと支柱が立てにくく面倒なことになってた。

しかし、ミニ姫は違う。ミニ姫は支柱が無くても育つ。ベランダ菜園に最適な手軽なミニトマトなのである。

そんなミニ姫を植えてから約4ヶ月が経過した8月になると実がなり始め、お盆の頃には毎日のように収穫できる状態となりました。結果、失敗もありましたが、微妙な判定の結果、ベランダ菜園は成功におわりました。

ミニ姫の成長記録

植えた当初はかわいい芽でした

ミニ姫を植えた5月。小さな木みたいですね。

あわせて読みたい
ベランダ菜園!プランターに支柱のいらないミニトマトを植える 広くはないんですけど、家にはベランダがあります。ベランダは私の遊び場でやきまるでバーベキューしたり、メダカを育てたりして...

1ヶ月経過

1ヶ月経過の6月。順調に大きくなりました。上に伸びていきます。

花のつぼみもでき始めました。

2ヶ月経過

2ヶ月経過した7月。

ミニ姫は更に巨大化。まだ倒れずに上に伸びています。

2ヶ月後のミニ姫

ここで、小さな実を発見。沢山のミニトマトが実ればいいなぁって思いました。

ミニ姫の実
あわせて読みたい
支柱のいらないミニトマトミニ姫をプランターで実がなるまで育てた ベランダのプランターでミニトマトを育てよう。しかも支柱がいらない簡単に育てられる品種を。 という理由から今回選んだ...

3ヶ月経過

3ヶ月経過の8月。

かなり巨大化しました。前に倒れてきましたが折れることはありません。

寝ぐせバクハツか!な成長ぶり。成長はこの辺りでストップしました。

この頃より、少しずつミニトマトがみのってきましたよ。

約4ヶ月経過

4ヶ月経過の8月下旬。もう、実りの8月。毎日が収穫祭!

毎日のようにミニトマトを獲り、合計で70個ぐらい収穫できた気がします!朝ミニトマトを摘む。そんな日々でした。

気になるミニトマトの味は「スッパイ!」沢山なりましたが、ぜーんぶスッパイ。土の量に対して植えすぎたのかもしれません…。肥料が足りなかったかな…。勉強が足りませんでした。

スッパイの失敗から学ぶ!ミニトマト「ミニ姫」を育てるコツ

ミニトマトは沢山なりましたが、味がスッパイという失敗に終わった今回。失敗から育てるコツを学び直しました。

とにかく水をジャブジャブとあげました。

ミニトマトは水と陽射しが大好物と聞いたので。水は1日1回しかやれませんでしたがとにかく大量に与えました。

実はこれが失敗。水を与えすぎると甘くならないようです。実がなってきたらしおれる直前に水をやる程度が正解。

肥料

我が家のミニトマトはスッパかった。肥料が足りんのかな…。

肥料は土の上に置くラムネみたいなやつを与えていたのですが、ある日犬が食べて大変なことになったので、それ以降肥料を諦めました。だからスッパイ実になったのかもしれません。

調べてみると肥料は甘いトマトを育てるには必要なようです。でも犬…、しかたないな。肥料は必要が正解!

枝が伸び、巨大化すると嬉しかった。イケイケーって感じで見てた。でも寝ぐせバクハツなんて言ってる場合じゃないようです。

いらない枝は取り除かないと栄養が実に伝わらず、甘くならない。甘くするには枝の手入れも必要。余計な枝は取り除くのが正解!巨大化を喜んでた裏でスッパイになってたわ。

ベランダ菜園は楽しい

結果、スッパイ実が沢山取れたミニ姫との4ヶ月だったわけですが、総じて「楽しかった」です。なので今回の菜園の結果は成功とします。

日々変化があって、やがて赤い実がなる。夏が来るのを目で見ていたかのような4ヶ月でした。

ベランダにミニトマトがあることで毎日に変化があり、ベランダを通じて日差しや風を浴びることができた日々でした。

たいしたことではないけど、心身が少し健康になった気がします。味はさておき、素敵な時間となりました。

ベランダの空きスペースを使って、菜園体験をする。ミニトマトは手間もかからないので手軽に育てることができる。支柱のいらないミニ姫。おすすめです。

来年は甘いミニトマトを作るぞっと。

おわり。