セレッソ大阪専用ブログ作りました。ココから飛べます。
セレッソ2019

草刈り場にお花を植えました!セレッソ大阪2019新体制発表に想う

セレッソ大阪の2019シーズンに向けての新体制が発表されましたね。私としては悪くないぞ、むしろ昨年より強くなる可能性を感じてます。今回は新体制について想うことを記事にしますっ!

セレッソマン
セレッソマン
いつもこの時期はワクワクする。今年もワクワクしてるぞ。

移籍の草刈り場!めちゃ不安にされたやん

シーズンオフを振り返ってみます。移籍シーズンが開幕し、杉本健勇、山村和也、山口蛍の移籍が決まった。気持ち的にはマジかマジかの速攻で決まった気分。すげー不安になった。なんせ攻撃、守備、バックアップの核となる選手をぶっこぬかれちまったわけだからな。

セレッソ大阪は他のクラブのサポーターも心配するほどの草刈り場ぶりを発揮した(ヤンマーだけにとか言われて)。この状況には、ほとんどのセレッソサポーターが驚いたと思う。本音では、来シーズンは「もうあかんやん」とさえ思った。

セレッソマン
セレッソマン
選手のサッカー人生の選択は尊重すべきだが…切なかったなぁ。

希望の光か、それなりに補強できた

草刈り場となったセレッソ大阪。そんな中、新たに緑を植えるべく5人の即戦力を補強。

杉本健勇の代わりにコンサドーレ都倉を獲得。山口蛍の代わりに仙台から奥埜、ヴィッセルから藤田をゲット。更に、上乗せ得点力アップのウエポンとしてブルーノ・メンデス。守備力アップへレアンドロ・デサバトを呼んできたぞ!

ぶっこぬかれた代わりに多めに植えてやったぜ。そんなイメージの移籍シーズンだった。新しく植えた選手からどんな花が咲くか分からないけど…とにかく楽しみは継続してくれた。という感想を抱く。絶望のち期待なシーズンオフ。

とにかく守備からがんばって

今回の補強、獲得した選手の実績では36得点が期待できるとか…だまされませんよ、まぁそれは取らぬ狸の皮なんとかってやつです。

もっとも大切なのはチームとして機能するかどうかです。だってさ杉本健勇だって2017シーズンは22ゴールだったのに2018シーズンは5ゴールやったやん。単なる足し算が通用しないのはセレッソサポーターは身にしみて分かってる。

チームって生きもので絶えず流れ動いてる。特に軸となるスタイルの土台がないセレッソは流れ動く方向も決まってないから…蓋を開けてみないと強さが分からないというのが正直なところ。

セレッソって強さが不安定で謎めいているからこそ、今回の補強は期待できる。まぁ不安もあるけど。2017年の2冠から2018年は期待したのに、なんてことない寂しいシーズンだったのを見ても分かる。まだまだ毎シーズンバクチなんですセレッソは。

そんな中、山口蛍の移籍は痛いなぁと今でも思います。自慢できる伝統の戦術もスピリットもないセレッソにあって、ある程度仕事の成果が期待できる選手だったから。山口蛍は気が利いてよく走れる選手だった。その献身的な能力はどんな時でも一定の仕事が期待でき、不安定なセレッソには必要な選手だったと思うなぁ。

今回の移籍でボランチは層が厚めになったけど、この中に戦術関係なくチームを支えられる選手がいるかどうか、ここが一番重要と思います。ボランチが当たればそれなりに守備は固まると思うんです。セレッソの攻撃は伝統的に計算できない水ものだから、来シーズンの出来はやはり守備の完成度によると思いますねぇ。

監督も守備から始めるタイプになったし、守備で足元固めて、水ものである攻撃の爆発を願う。そんな気持ちでいます。

セレッソマン
セレッソマン
守備が堅いと勝点を拾いやすくなるからね。

外国選手枠拡大の活用に活路を

外国選手の残留、新加入のセレッソ新体制を見て、外国選手枠拡大を活用していると感じました。

ご存知の通りJ1リーグは2018年では外国選手枠は原則3人(アジア連盟加盟国枠1名は除く)まででしたが、2019年は5人に拡大します。(アジア連盟加盟国枠は廃止)
実質は1枠増えるだけですが、5名の外国選手が試合に出れます。セレッソはここに活路を見出すべきですね。

本音では育成した選手で固めたセレッソが好きなんですが、そんな余裕はないから、ここまできたら外国選手にがんばってもらいましょう。

さて、5枠を考えてみます。
まず、確定なのはGKジンヒョンとDFヨニッチ、この2人無しでは守備が不安でしゃーない。
実績と相方(包容力のある飼い主)がいればソウザも確定ですね。攻撃力が魅力ですから。

残り2枠は次の選手から選ぶことになります。
FWブルーノ・メンデス(NEW)
MF守備的レアンドロ・デサバト(NEW)
FWヤン・ドンヒョン
FWウェリング・ピアス

既定路線は、背番号を見ても、レアンドロ・デサバトとブルーノ・メンデスです。でも共にポジション争いは厳しいぞ。日本人選手にも簡単にポジションを譲らないでがんばって欲しいです。

ブルーノ・メンデスは都倉、柿谷、澤上らとの共存、争いが待っている。Jリーグを経験済みのヤン・ドンヒョンだっている。

レアンドロ・デサバトはJリーグを知り尽くした、新加入の奥埜と藤田とのレギュラー争い、生え抜きの秋山大地だって黙ってない。油断してるとソウザも巻き込まれる激戦のポジションになる。

外国選手枠をフル活用できる体制を整えているが、その反動からポジション争いが激化し、日本人選手含めチーム力の底上げが期待できます。

外国選手を使い強くなるという期待もありますが、それだけでなく、外国選手が沢山チームに加入することにより全体的に奮起する、切磋琢磨の状況が生まる頼もしい状況変化も期待できます。それが、ここで言う、外国選手枠拡大の活用に活路をという意味です。

表面的にも内面的にも外国選手枠の活用がセレッソに良いように作用して欲しいです。核が抜けたから競争が生まれる、しかも外国選手をまじえて。これはとても期待できる体制になったなぁと思います。

セレッソマン
セレッソマン
活性化〜っ。

監督には公平にチームバランスも尊重した選手起用。チーム内の切磋琢磨によるチーム力向上を期待したいです。誰がスタメンを勝ち取るかワクワクします。このワクワクが強くなる可能性を抱かせます。

まとめ

チームが草刈り場になりました。代わりに沢山の花を植えました。どんな色の花が咲くか分かりません。

素敵なお花畑になるのでしょうか?
どうかな、今のところ運ですね。

とにかく、クラブとサポーターで一生懸命水を与えましょう。

そんな新体制です。
以上、再生中の草刈り場よりお届けしました。