日記

40歳なったらもっと楽しく人生を折り返したい

いきなりですが40歳に近づいてきた。やべーよなもう40歳が見えてきたで。20代では想像もしなかった年齢、それが40。

これまでは順調に生きてきた。順調といってもな平均的、かつ平凡な人生です。何も自慢できることはありません。

平凡な人生をふりかえる。学校に行き、サラリーマンになり、結婚して子供を授かる。そして家を買う。んで、今ここ。

なんて平凡かつ王道の流れでしょうか。その他大勢に分類できる生き様に堂々のランクイン。

今はもっぱら子育てとマイホームローン返済の日々。通勤電車が我が人生。悲しいけれどこれが普通というもの。

それで楽しいの?といわれると
楽しくはない。

でも、辛い?と聞かれると
辛くはない。

つまり、楽しくないけど辛くない。

私が思う辛いってのは「悲しいこと」をさす。さいわいなことに今は悲しいことがないので良い人生を送っているといえる。

楽しくないけど悲しくない。うん、ザ普通ですね。人生が普通ってのは良いことなんです。安定という意味で立派な船で巡航中。

人生100年とかいうけど実質80年だろ

最近、人生100年といわれてる。私も100歳まで生きるのでしょうか。医療の発達で100歳まで生きても体力も無いし、膝や腰も痛い。ボケてるかもしれない。そう考えれば人生良くて80年で考えた方がいいんだろうな。

ってことはだよ。
もう40歳近づいてるから人生の折り返し地点なんだ。人生このままでいいのだろうかって思いにふける。同じ道折り返すの嫌やな。

このままだと普通に過ごしてる今を後30年くらい続けるやろ、そんでラスト10年で何すんねやろ。ラスト10年なら惰性で生きるんだろうなきっと。動き出すの面倒で何もせんわな。

人生を普通から楽しいに変えていきたい

もっと人生を楽しみたい。普通から楽しいに変えるのは大変そう、今ぐらいから少し気持ち変えていかなあかんわな。

残りわずかな人生に直面してから楽しむのは難しい。元気出ないし諦める方が簡単だ。楽しむには一定の助走というか自分を変えていく期間が必要になる。

ベタに例えますね。人生はマラソン。普通に走って折り返し地点にきた。よし、残り半分楽しく走ろうぜ!という感覚です。ラストスパートだけ楽しく走るのは難しいんじゃないかと思うわけです。もう疲れてるやん。

でも楽しくってなんだろう。そこに悩む。いつも悩む。最近はやりの風潮である「やりたいことやる」がいいんじゃね?という自分がいる。

「やりたいことをやる」としても人生には2つの車輪があり、両輪ともやりたいことをやってはリスクがあると思うんです。

人生の両輪

両輪の1つは仕事。仕事は仕事、サラリーマンはこのまま安定して定年まで行きたい。生活の基盤だからな。ここを失うのはつらい。約20年かけて築いた地盤、そう簡単に壊せない。

となれば両輪のもう1つである余暇の時間がターゲットになる。余暇の時間にやりたいことやって楽しく生きていくのが良いと思う。

基本には今の「人生は辛くない」があるので大きく変える必要はない。余暇の時間、つまり自分の時間をもっと楽しく変えていこうという答えに行きつく。

でも、肝心な「やりたいこと」がないんだけど、まぁこうしてブログ書いてるうちに見つかる気もしてます。だからブログ書いてます。

目標はいつかブログを読み直した時に「楽しそうな人生になったじゃねぇか」と微笑むこと。そのためにつづっていこう。今は普通の人生だけど少しは楽しくなりますようにと。

まとめ

とりとめのない内容だけど40歳って重要、セカンドスタート的にとらえ人生楽しく変えてこうじゃないかと思った。そんな話をぶっこいたわけ。

  • 人生辛くなけりゃいいじゃない
  • 人生は80年だよ
  • 40歳からは楽しくいこう
  • 余暇を楽しむ程度で
  • 振り返って微笑むことができるように

おわり