セレッソ2018

セレッソ大阪に期待しすぎたらアカン

0

セレッソ大阪対浦和レッズがありました。セレッソ大阪は1-1で引き分け。1点リードも追いつかれての引き分け。うまくいかないもんだなぁと感じました。

やっぱ期待しすぎたらダメです

セレッソの試合の入り方は良かった。前節と比べるとよく動けていたし、何よりセカンドボールが拾えていた。

セカンドボールが拾える展開になると期待してしまう。攻撃をたたみかけることができ、いつか相手のゴールをこじ開けられる。そんな期待が高まる。だから前半から今日のセレッソはいけそうだと期待して見ていた。

試合は期待通りだった。セレッソはコーナーキックから先制した。ホームだしいけそうな気がしていた。ソウザもいるし心強い。弱い時代はリードした後も追いつかれると思い不安がっている自分がいたが、セレッソが強くなってからは期待が持続する。

そんな気持ちの高まり、悪く言えば甘く見ている自分がダメなのかもしれない。セレッソはコーナーキックからレッズに追いつかれて引き分けた。

期待しすぎはアカンな。サポーターの気持ちが直接試合を左右するとは思わないけど、何事も調子に乗ったらアカンのです。追いつかれた時は落胆するし、クラブを支える気持ちも薄れて観戦者になってしまう。

今節の反省は「期待しすぎたらアカン。セレッソ大阪は弱いんやから。」になる。

セットプレーは重要だ

どれだけ押していても、攻められていても試合の展開を大きく変えるのがセットプレー。この試合、両チーム共にセットプレーから得点をあげた。

やはりセットプレーはこわい。試合の流れを断ち切る。言い換えるならリセットプレーってところか。夏の消耗戦では特にセットプレーが物をいう。3本与えれば1点入るなんて言われるほど注意が必要なんだ。

セットプレーは守るのではなく与えないことが必要。コーナーキックに逃げるのがナイスディフェンスではなく、コーナーキックを与えることを許さないような視点。もっと厳しくセレッソを応援しないといけないと感じた。

元ACミラン専門コーチのセットプレー最先端理論

まだいける4位だから

セレッソの調子は上がってこないけど、まだいける4位だから。勝点差はあるけど4位だからいける。理由ないけど4位というのが心の支えだ。

最近は暑さからか大量得点の試合が散見される。暑いときこそワンプレーを大切に、ワンプレーワンプレーを讃えながら観戦したいと思いました。

期待しすぎはアカンけど、今はまだまだいける4位やぞって思ってる。これからも連戦、きびしいカードが続く。不安だけど楽しもう。何よりJリーグのある生活は素敵だと感じながら。

おわり。

0