セレッソ2018

セレッソの攻撃はボランチのバランス

セレッソ大阪対清水エスパルスがありました。エスパルス戦は心穏やかになれない。なぜなら昔からエスパルス戦を生観戦に行くと…よく負ける。

個人的にリズムよく攻めるエスパルスが苦手。だから今回も嫌な予感してたんだ。そう予感は現実にセレッソ大阪は3-0でエスパルスに負けました。チクショー。

この試合を観ててなーんも面白くなかった。セレッソに躍動感は無いし、相手に合わせたサッカーしてるし。

試合後に想った。ワールドカップで中断して久しぶりにセレッソ見たけどこんなんやったっけ?なんかのんびりしてるな。守備の集中力も欠けてるし。

総じてスピード感が無い、躍動のかけらもない。物足りないなぁ。熱いものがこみ上げて来ない。こんなんやったっけ?セレッソのサッカーって。と思いました。

私的にボランチがポイントと思うなぁ

攻撃に厚みが無い。攻撃にバリエーションが無い。ここ解決するにはセレッソではボランチが重要だと思うんです。これ、あくまで個人的な意見ですよ。

セレッソのボランチには不動のスタメン山口蛍がいて、相方はオスマルとソウザになる。さて、エスパルス戦に出たオスマルってどうなんだろう?

冷静でパスを散らしてボールロスは少ないので悪く無いです。でも、やや運動量無くない?もちろん嫌いじゃないんだけど…。

増補改訂版 なぜボランチはムダなパスを出すのか? ~1本のパスからサッカーの“3手先”が見えてくる~ (サッカー小僧新書EX002)


セレッソは攻撃的なミッドフィルダーがセンターにいないフォーメーションの場合が多い。ボランチの前にはフォワードがいるって感じ。つまりボランチには攻撃的な役割も期待され、運動量も必要とされます。

でもオスマルには運動量があまり期待できない。攻撃的でなく中盤でパスを散らすタイプ、それが持ち味。どちらかといえばクール。

であれば山口蛍が頑張らないといけないんだけど…基本、守備職人なんだな。敵のボールカットして鋭く縦に入れる。この守から攻への切り替えはバツグンだけど。攻撃的と言うよりは守備が売り。運動量はあるけど。エスパルス戦では攻撃参加の意識を感じたけど、まだ足りない。

これ誰が悪いという話では無いんです。ボランチ2人のバランスが問題と思うんです。山口蛍は気の利く器用な選手。相方ボランチのワガママなプレーを支えてくれる。

オスマルも山口蛍に似た雰囲気がある。支えるタイプですね。

これではバランス的に相手のゴールを破壊する脅威は足りない。そう考えるとバランス的にソウザが必要なんだな、やっぱり。

うーん、変な言葉だが攻撃的ボランチが必要なんです。攻めなアカン時はフォワードより前にワガママに進む。相手のディフェンスも上がってくるボランチは捕まえにくく守備のバランスも崩せると思うし。心配しなくても幸いなことにワガママに耐える守備的なボランチの層は厚い。

攻撃に厚みをどこからでも攻める脅威を。実現するにはやっぱセレッソのボランチがとても重要です。

清水エスパルス戦は守備も攻撃もイマイチだったけど、そこ建て直すにはやっぱボランチと思うんですね。何となく言いたいこと分かりますか?ボランチのバランスは攻撃の厚みに直結するんです。

もっとワガママに自由に時に守備なんか知らねぇ。そんなボランチの思い切りがセレッソの思い切り、勇気につながると思います。

なんか感情論になってますね。すいません。負けたのが悔しい、セレッソらしさ見れなかったのがさみしい。そう、負けを引きずってるんです。

早くセレッソの試合が見たい、勝利が見たい。躍動する桜の戦士に会いたい。ま、本心はそんな感じでしょーか。

おわり。