ディズニー

夏休み特にお盆に子供と観たいDVD映画はリメンバー・ミーで決まり

0

子供と映画を観に行きました。観たのは「リメンバー・ミー」です。観に行った理由はトイ・ストーリー3のスタッフが作成したと聞いたから。内容は先祖や家族について考えさせられるものでした。この映画を観た後、DVDを絶対に買おうと思いました。夏休みにもう一度家族で観るべき内容だと感じましたので紹介します。

映画リメンバー・ミーとは

リメンバー・ミーの概要

日本では2018年3月16日に公開された映画。作成はピクサーアニメーションスタジオ。いわゆる「ディズニー映画」です。

あのトイ・ストーリー3のスタッフが作成した家族の絆を題材にした映画。舞台はメキシコ、色鮮やかな街並みと音楽にあふれ、映像と音も楽しめる映画となっている。

リメンバー・ミーのあらすじ

ラテン系で音楽を愛するメキシコ。その中で音楽を禁じる家族がいる。なぜ音楽を禁じるかはストーリーの重要部分なので説明できないが先祖をさかのぼることで明らかになっていく。

リメンバー・ミーは1年に1度だけ亡くなった家族に会える死者の日の祝祭を舞台に話が進む。死者の国へ主人公が行き家族の絆を取り戻す。

キャッチコピーは「それは、時を越えて家族をつなぐ、奇跡の歌。」であり、歌がとても重要な役割を持つストーリーとなっている。

リメンバー・ミーを夏休みに子供と観たい理由

お盆に最適な映画

1年に1度だけ亡くなった家族に会える死者の日の祝祭が舞台の映画で、これは日本でいう「お盆」の話だと置き換えて理解することができる。

映画の中では「人は二度と死ぬ」という話がある。私たちも亡くなった人を忘れないように、いつまでも写真を飾り続けていこうって考えさせられるシーンがある。

子供には話ても理解しにくい先祖からのつながりや自分のルーツをリメンバーミーは分かりやすく伝えてくれる。

大人も同じ。亡くなった人を大切に想う気持ちを再認識させてくれる。メキシコが舞台で音楽でつながる家族の絆。日本人の価値観とはやや離れる舞台設定ではあるが、そこはディズニー、さすがに心が入り込み感情が揺さぶられる。

セレッソマン
セレッソマン
さすがのディズニークオリティーですよ!

また、正解は誰にも分からないが、人は死んだ後どんな世界にいるのか教えてくれる。きっとそうなんだろうな、そうあってほしいなと思える死後の世界をディズニーは教えてくれた。

お盆にあんな世界からこの世に帰ってくるんだねって思えるだけでも、先祖を大切にするキッカケになると思える。亡くなった人をより大切に愛おしく感じられる映画になっている。

そんな映画だから観終わった時に「これ、毎年お盆にみたいな」と素直に思った。亡くなった先祖を思い出すキッカケのお盆に観る最適な映画と思いました。

メキシコを舞台に家族の絆を感じる

メキシコの雰囲気はまさに夏っぽく楽しい。景色も色鮮やかで楽しく夏にピッタリです。

映画の内容は家族の絆を大切にするもの。家族が全員揃う夏休みに観れば最高じゃないかって思う。

さぁ夏休みだ、お盆だしリメンバーミー観るぞ!って、毎年恒例にしたいほどだ。先祖とのつながり、家族の絆を確認する「ファミリーの日」を夏休みに設定したい。リメンバーミーを観て本気でそう思いました。

セレッソマン
セレッソマン
お盆恒例のリメンバー・ミー鑑賞会!ありだと思います。

先祖とか家族の絆とか難しいし真剣に話すと恥ずかしい。だけどとても大切なこと。リメンバーミーがあれば説明不要。みんなで観れば自然と大切なことを思い出せます。とても貴重な映画とです。

リメンバー・ミーDVD発売

そんなリメンバーミーですがDVDが発売されます。この時を待ってました。

発売日は2018年7月18日。夏休みに間に合いますね。素晴らしい発売日設定です。

リメンバー・ミー MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー(クラウド対応) MovieNEXワールド] [Blu-ray]

お盆にDVD鑑賞するなら「リメンバーミー」がおススメです。先祖を想い、家族を大切にできるようになります。何より今を生きる自分を大切にしようと感じることができますよ。小学生から大人まで理解できるストーリーはさすがでした。

おわり。

0