『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』65人ご利用中! 友だちに追加

お手軽に平日を充実させる方法

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

余暇とは自分が好きに使える時間を意味する言葉です。サラリーマンの労働環境は少しずつ改善されて少しずつ余暇が増えてきているように感じています。

余暇の使い方で忘れがちなのは平日の余暇。仕事が早く終わりいつもより早く帰宅する。帰宅した後の時間は余暇であるが特に何もしていない自分がいます。もっと余暇をうまく使えたらなぁと常々思います。

最近、家に早く帰った時の話。妻という女が言います。

あ〜あ、そんなに早く帰ってくるならパン買ってきてもらえばよかったわ

言われた時点でも時間はまだ早かったので私は「今からコンビニに行ってくるわ」と答え、出かけることにしました。

平日帰宅後に再度出かけるという楽しみ

コンビニに行くといっても歩いて5分。とりあえずスーツを脱いでラフな格好になります。部屋着と外出着のちょうど中間のような格好です。

靴下は脱いだままでいいや、クロックスをはこう。そして財布とスマホを持ち街灯の下をズルズルとのんびり歩きます。

外は春の暖かさが夜まで続き、気持ちがいい。たった5分だけどラフな格好に靴下無しの解放感も加わりとても心地の良いおつかいになりました。

コンビニでは目的もなく雑誌の表紙を眺めて暖かくなるとアウトドアの本が増えるなぁと感じたり、買わないドリンクコーナーでビールの新作を探したりしました。総じて買わないんですが。なにか?

そして、店内を一周した後にパンを買う。家族の好みはなんだっけな?と思いながら。

そしてまた、のらりくらりと歩き自宅に帰りました。

帰宅してから思います。なんか充実してたな。コンビニに行っただけなのに。私なりに考えた結果、充実していた理由はこうでした。

平日夜に帰宅してから私服でお出かけしたことで、1日を2度楽しんだように感じれた。余暇を使った感アップ。

スーツの自分と私服の自分。仕事へ行くのとコンビニへ行くのと。1人二役って感じが2度楽しんだ感覚をもたらします。

同じように感じたことがある人もいると思います。会社の帰りに百貨店に行ったとか、会社帰りに家族で外食したとか。そんな感覚に近いです。更に今回は家に帰り服着替えて再出発ですからより充実感が高いです。

会社と家の往復の毎日に刺激を持ちたい。余暇を使いたい。それには大掛かりなイベントでなくていい、帰ってから私服でコンビニに行くだけでも楽しいものだな、充実するなぁと感じたのでした。

春の夜。もう一度外に出てみよう。ラフな格好でのんびり歩こう。きんもちいいぞな。

おわり。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。