車持たない生活

節約!車を手放して車を持たない生活を始めた

0

必要性を吟味した結果、車を持たない生活をすることに決めました。今回はその決断に至った話です。我ながら思い切ったなぁ。

いつでも乗れてどこでも行ける。「マイカー」は生活を便利にする代表格です。でも車を持つとお金がかかる。その費用の大きさは人生の四大固定費といわれるほど。

人生の四大固定費とは…

  • 住宅
  • 保険
  • 教育
  • 自動車

どれも毎月費用が必要になるものばかりですね。固定費の見直しは節約に絶大な効果があると言われています。そんな中で考えた時、車は私にとって金食い虫だと思ったんです。

車に必要な費用を考えてみる

1年間にどれくらいのお金を車に使っているのだろう。おそるおそる算出してみた。(メンテナンス費用は除く)

  • 車のローン 約34万円
  • 駐車場代    約18万円
  • 保険代        約4万円
  • 税金            約4万円
  • ガソリン代 約6万円
    合計 約66万円/年

なんと一月あたり「約5万5千円」を車に使っていることになる。おそろしや。

車の使用頻度から必要性を考える

私の場合は週末しか車に乗らないです。多くて月に9回程度。主にスーパーに行くために乗ってる。

駅もスーパーも歩いて5〜10分でいける距離にあるのに車でスーパーに行きたいため、離れたスーパーへわざわざ15分くらいかけ車で行く。用事もないのにショッピングモールに行き散財することもよくある。

月に必要な車費用は5万5千円なので使用頻度で考えると1日乗るたびに6千円払っている感覚である。歩いて行けるスーパーもあるのに。

子供が小さい時やお年寄りがいる場合は車の価値は別格ですよ。車は動く部屋だと言えるしプライベートな空間にもなる。人に迷惑をかけずに移動できる。荷物もつめる。

でも今の私はそんな場合に当てはまらない。と言うことはスーパーに買い物に行くだけで6千円…。こんな無駄な交通費は無いよなって考えになる。セコイけど現実そうだからしゃーない。(私同様に家族構成や頻度から考えると「もったいない」という結論に達する人は多いのでは。)

当然車には別の価値もあるよ

ドライブが趣味。車を眺めるだけで癒される。車を持つことがモチベーション。などなど。そんな強い想いがある場合、そこに価値を感じる場合もある。車にはお金の話じゃ片付かない価値もあるからね。

車はステータスでもあるから車を持っていない自分に抵抗を持つ人も多い。男のロマンでもある。

でも私にはそこまでの情熱が車に無かった。もう所有欲が無いことに気づいた。それより年66万円が気になってしゃーない。あっ極貧では無いですよ。あくまで無駄に感じるって話です。

そして車を手放した

車を手放してどう生活しているか?自転車とタイムズのカーシェアで暮らしている。

タイムズカーシェアリングの体験記事はコチラ。

そりゃ当然マイカーの方が便利です。すぐ近くにあって予約もいらない。でも年66万円…。

手放した感想としてこれだけは言えます。車を手放したら「家計も気持ちもスッキリ」しました。もう車屋さんに行かなくていいし、ローンも無い!なんか重圧から解放されてスッキリ。

私が車買取店で車を売却したリアルな体験談はコチラ!

車を持たない生活については今後記事にしていきますね。今見えていない苦労もあるだろうし。生活に改革。さぁどうなるか。

おわり。

0