日記

土足で人の心に入ってしまう対策方法

私は昔からデリカシーがないです。心配りが足りないタイプの人間で、うっかり土足で人の心に入ってしまうことがよくあります。繊細な人から見ればかなり残念なレベルと自覚してます。

昔は土足で人の心に入ってることに気づかず、汚らしい足跡をたくさん残していたようです。当然自分では分かっていませんでしたが、大人になってから聞いて発覚しました。そうだったんだなぁ気をつけなきゃと今更ながら思ってます。

自分にデリカシーが無いと知ってからは気をつけるようにしています。

土足で人の心に入らないようにするポイント2つ

気をつけるポイントは2つです。

  • 考えてからしゃべる。
  • 余計なことは言わない。

頑張ればできそうと思いませんか?自分では制御できないから、危うきに近寄らずが一番安全だということです。

最近も勢いで、わざとでは無いのですが人にかける言葉や質問に心配りが足りず「やっちまった」と思うことがありました。

さほど仲良くない人と話している中、プライベートなデリケートゾーンに土足で入ってしまいました。土足での1歩目はまったく気づかず、2歩目に嫌な予感、3歩目は出さず撤退しましたが相手の表情は少し怖かったです。そこまで言うかオーラ出てました。撤退できただけマシなんですけど…。

やはり考えてからしゃべり、余計なことは言わないべきだったと反省してます。

こうしてまたデリカシーの無い自分が嫌になるのでした。

デリカシーが無くてミスった時の気の持ち方

私は人の心に土足で入った時はちゃんと反省します。でも後悔を引きずることはしません。やっちまった!と思うだけにしています。

なぜなら、仲の良い人は許してくれる(と信じてる)。仲良くない人なら嫌われても構わない。そう考える自分が根底にいるからです。

でもこれって強い自分と思いきや開き直った自分がいるだけなんです。開き直っては成長できないのですが楽だから割り切ってしまいます。

土禁と知らずに土足で入ったのは反省します。でも入ったものはしかたない、嫌うでもなんでもしてくれ私のデリカシーはこれで精一杯なんです。という気の持ち方です。

そんな気持ちでいるからデリカシーは今も無いまま。でも私は平気だから大丈夫。

デリカシーが無いから当然、私に人生相談してくる人もいないし親身になってくれる人も限られています。それは寂しいことですが、ある意味「楽」です。人間関係に悩む前に人間関係が育まれにくいから…良いのか悪いのか。

まぁ全部含めて自分だからしかたない。反省はします、でも平気。そんな気持ちをどっかに持たないとやってられない毎日です。寝たら忘れるさ、いつまでもクヨクヨするなよ。

おわり。