『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

六甲山トレッキング!荒地山から風吹岩を通りロックガーデンを行くルート体験記

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

六甲山にトレッキングに行ってきました。トレッキングのルートは岩梯子から荒地山を通り横ノ池を見て風吹岩へそしてロックガーデンを通りゴールするもの。

地図の赤い矢印のルート。右から左回りに行くルートです。

今回はトレッキングの体験記です。

では、どーぞ。

六甲山トレッキングのスタートは阪急芦屋川

さぁトレッキングスタート。まず電車で六甲山へ向かいます。今回はロックガーデンという場所を目指しますので最寄りの駅は阪急の「芦屋川駅」です。

芦屋川駅は阪急ですが、阪神やJRの芦屋駅からでも徒歩で行けるためアクセスが良いです。

芦屋川駅に着いたら「北出口」に行きましょう。ちなみにコンビニは反対側(南側)の出口から出るとあります。

芦屋川駅は山登りの格好をした人でいっぱいです。さすが六甲山の玄関口といえる駅です。そして北出口を出るとこんな看板が…

イノシシ…。山は人間だけのものではない。当然他の動物もいます。注意しながら行きましょう。

ちなみにこの看板の横に公衆トイレがあります。待ち合わせ場所としても人気でちょっとした広場になっています。

いざ、ロックガーデン方向へ歩こう

芦屋川駅から六甲山へ向け歩きます。芦屋川沿いを歩き、豪華な住宅街を抜けて行きます。

ちゃんと看板があります。案内通りに歩きましょう。迷いそうになったら周りの山登りの格好をした人について行けばいいです。みんな六甲山に向かってますから。

山に近づくに連れて、こんな沢など景色が癒しに変わって行きます。

上り坂を歩き続けると出てきます。ロックガーデンの入口。

ここには滝の茶屋というご飯を食べられる茶屋があります。帰りにうどんやおでんなどを食べるのもありですね。お酒もありますよ。

滝の茶屋からロックガーデンではなく荒地山方面へ行く

ロックガーデンの入口から普通に歩くとロックガーデンに行ってしまいます。

ロックガーデンは地図で見る左側ルート。私が行きたいのは、まず荒地山ですので右側ルートです。

多くの人はロックガーデンを目指します。その中で歩いていると看板があるので、看板通り荒地山方面へ行きます。まず荒地山へ行くのは少数派なので列からそれる感じになります。それもまた良し。

さぁ岩梯子経由で荒地山へ

いよいよトレッキングも本番へ。岩梯子経由で荒地山まで行きますよ。

地図で示すとこの場所です。

道中はこんな環境。トレッキングルートは分かりやすいです。写真でどーぞ。

階段です。

ワイルドな階段です。

山道です。

ひたすらフーフー言いながら登ります。時折見える景色に癒されます。この時点でも意外と標高が高いことを実感します。

▲モヤってるけどいい景色。スマホで撮影。

そしていよいよ「岩梯子」の登場。

どんなんかっていうと…

これを登るんです。まさに岩をハシゴのように登っていきます。その頂上には岩のトンネルがあります。

真ん中の岩が組み合わさった穴を通らないといけない。リュックを背負ったままでは通れない。人、一人分の大きさの穴。まずリュックを通してそのあとに人が通る方法で進みます。

こうして岩梯子を攻略した後は荒地山を目指して進みます。

途中ロープを使って登る場所があったり壊れそうなハシゴ登ったりもするけど

とにかくアクティブで最高に楽しい!たまに見える景色も最高。

モクモクと進むとたどり着く。

「荒地山山頂」その標高は549m。

山頂の雰囲気や景色は実際に行って楽しんでください。ここでは載せるのやめときます!醍醐味ですからね。

荒地山から横ノ池を見て風吹岩を通りロックガーデンへ

荒地山山頂で休憩したらさぁ次は横ノ池を見て、風吹岩寄ってロックガーデンを目指します。

地図で示すこの場所です。

荒地山から横ノ池までの道のりは山道って感じが多い。

途中、居ましたよ…

イノシシ。

あの駅の看板が頭をよぎる。

はい、何もしませんので早くどっか行ってくださいイノシシ殿。

その後もズンズン歩きます。

すると突然横に広がる横ノ池。山の中にこんな綺麗で大きな池があるなんて驚きです。池だけど湖畔でサンドイッチを食べたくなる。そんな景色です。

そして、あっという間に到着。

はい、「風吹岩」です。

眺め、良かったです。まだモヤってる…けど。

その後、岩の道をアクティブに進みます。ハシゴも降ります。もう慣れたものです。

岩、岩、岩の連続です。これトレッキングシューズじゃ無いと厳しいと思います。

そう、岩が多いと思ったら、もう「ロックガーデン!」

岩だけの道の連続です。いや、これは道じゃない岩だ。

こうして岩を降りて行き、しばらくすると滝の茶屋のある所に出てきます。今回のルートのゴールです。そして来た道を戻り芦屋川駅へと帰ります。

滝の茶屋のおでん美味かったなぁ。

トレッキングを終えての感想

体力は必要か?

今回のルートは思ったよりしんどくなかったです。休憩しながらゆっくり歩けば問題ないです。筋肉痛もなかったですよ。子供も沢山いたし、特別な体力は必要ないと感じました。

必要な装備は?

トレッキングシューズと軍手は必要と感じました。岩場が多いため、滑りにくく丈夫なトレッキングシューズは活躍します。また、ロープやハシゴを使う場面があるので軍手もある方が心強いです。

ちなみにトレッキングシューズを買う体験記はこちらをどうぞ。

歩くとかならず暑くなるので上着は脱ぐ前提の服装がいいと思いました。帽子もなるべくあった方がいいです。岩をくぐったり予期せぬ枝もあります。

食べ物は必要以上に持っておくといいです。特におやつは休憩が盛り上がるので持っておくと楽しいです。

また行きたいか?

純粋にまた行きたいと思います。景色や黙々と歩く集中状態は現実を忘れることができます。疲れも心地良く、普段忘れている冒険したって気持ちが残ります。

やっぱり自然はいいなぁと思います。自ら自然に飛び込むトレッキングは余暇の過ごし方として最高です。ストレスも解消できますよ。

意外と近い六甲山。電車で行けるトレッキング。デートに遊びに冒険にアリですね。

おわり。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。