山登り

実録!初心者が悩みながら初トレッキングの準備で靴を買うまで体験記

自分で自由に使える「自分時間」。そんな自分時間の充実には趣味が必要です。私は趣味を探しており、ざっくりと登山に挑戦したいと考えています。しかし、登山に関する知識は全くありません。今回は初めての登山に備え情報をまとめながら準備をした記録を記事にします。

初心者が知るべき登山の種類

登山とは文字通り山に登ることを意味します。一言で山に登ると言っても内容により呼び方は変わり、分かりやすく分類すると3種類になります。

それぞれの定義は感覚的な要素があり明確にされていませんので私なりの分類となりますが以下にその概要をまとめます。

登山(ピークハント)

目的は山頂を目指すこと。最も難易度が高い過酷な分類になります。

トレッキング

目的は山歩きをすること。結果的に山頂に到着してもトレッキングと呼ぶことがあります。登山よりは軽いものになります。

ハイキング

目的は里山を歩くこと。距離は最も短く軽度なものになります。

分類のまとめ

登山は過酷なイメージです。日帰りで山登りであればトレッキングの表現がよく、山で散歩はハイキングといった使い方になります。あくまでも私的な分類です。
[voice icon=”https://cerezoman.com/wp-content/uploads/2018/02/786DB7B9-C07A-4E04-A6AC-CFB86F564D5B-300×300.jpeg” alt=”” width=”300″ height=”300″name=”私” type=”l”]気軽に登山って言葉は使わない方がよさそうだな[/voice]

初心者がトレッキングに行くための準備

私は初めての登山として六甲山のロックガーデンに行く予定です。内容的には登山でなくトレッキングです。ロックガーデンでは風吹岩あたりまで登る予定です。

トレッキング初心者に最低限必要なもの

初めてのトレッキング。どこまで準備すべきか悩みます。一旦、トレッキングに必要なものを調べまとめてみることにします。

トレッキングシューズ

トレッキングは靴にとってハードなためスニーカーではボロボロになります。また、山を登るため足の裏や足首への負担も大きい。そこで丈夫で足裏や足首の負担を軽減できるトレッキングシューズが必要になります。防水性や通気性に優れるものもあり安全で快適なトレッキングにはシューズが欠かせないといえます。

by カエレバ

 

リュックサック

登山ではリュックサックではなく「ザック」というようです。ザックは登山仕様で容量や背負い易さがリュックサックとは異なるようです。背面にパッドがあったりウエストベルトがあったり、密着性とバランスが登山向きに設計されています。

by カエレバ

 

ウェア(服)

ポイントは防水性と透湿性です。雨は染み込みにくいけどムレムレしない。しかも軽くて動きやすい。そんな機能的なウェアが登山用にはあります。山の天気は変わりやすい、変化に対応しながら快適に歩けるように考えられています。

by カエレバ

 

トレッキングポール(杖)

トレッキングポールがあると疲労は軽減し、安定した歩行ができます。両手に持てば体を足含めて4点で支持できるという考えです。無知であれば年寄り臭いポールも山では有効な必須アイテムなんです。デザインもかっこいい。

by カエレバ

 

[voice icon=”https://cerezoman.com/wp-content/uploads/2018/02/786DB7B9-C07A-4E04-A6AC-CFB86F564D5B-300×300.jpeg” alt=”” width=”300″ height=”300″name=”私” type=”l”]様々なアイテムがあるんだな。現時点の自分にはどこまで必要なのかよく考えたいぞ。[/voice]

初心者が初トレッキングで用意したもの

私が用意したのはトレッキングシューズのみ。捻挫したくないし、滑って怪我もしたくない。足元だけは固めておきたいと考えました。そもそも山歩きに慣れていない。靴くらいは揃えておこうと考えました。「スニーカーは、めっちゃ滑るんちゃう?」という心の声もあり。

ザックは買わずに自前のリュックサックで行きます。登山ではなくトレッキングだし、まぁハイキングみたいな荷物量だろうと考え購入は控えました。

ウェアも買わずウィンドブレーカーで行きます。トレッキングだけど部活みたいなもんだと割り切ります。サッカー部バンザイ。
雨への備えとしてカッパ(ポンチョ)は持っていきます。USJのジュラシック用ポンチョだけど無いよりマシ、寒い時にも着れるだろうと考えました。

トレッキングポールはあった方が良さそうだけど買うのはやめました。いったんトレッキングとはどの程度しんどいものか純粋に経験してみようと思います。

そんな考えから結果的にはトレッキングシューズのみ購入しました。心の奥に「1回限りでトレッキングをやめたりしない?装備に金使ってほんま続けるんかいな。」という疑問がありました。

トレッキングシューズなら天気の悪い日とか何らかの使い道があるんじゃないか?トレッキング以外でも使えるでしょ汎用性あるよね。と考え購入に至りました。トレッキングシューズのみ購入でトレッキングに行きます!

[voice icon=”https://cerezoman.com/wp-content/uploads/2018/02/786DB7B9-C07A-4E04-A6AC-CFB86F564D5B-300×300.jpeg” alt=”” width=”300″ height=”300″name=”私” type=”l”]とりあえず足元を固める作戦、怪我はしたくないからシューズは必要だ[/voice]

トレッキングシューズを買った体験談

いざ、トレッキングシューズを買うぞ。とやってきたのはスポーツオーソリティ!理由は2つ。アウトドア用品が豊富!WAONカード提示で10%オフ!だから。

[voice icon=”https://cerezoman.com/wp-content/uploads/2018/02/786DB7B9-C07A-4E04-A6AC-CFB86F564D5B-300×300.jpeg” alt=”” width=”300″ height=”300″name=”私” type=”l”]趣味への初チャレンジ、投資は少なく始めたいところです[/voice]

初心者がトレッキングシューズを買う前に決めておくべきこと

お店に行く前に考えたことは2つあります。

シューズの形状

トレッキングシューズには3種類があります。ローカット、ミドルカット、ハイカット。要するに足首をどこまで包みますか?どんくらいボールドしたいですか?という話。

普通に歩きやすいのはローカット。でも岩場などには不向きです。足首が自由すぎてグニャグニャする。ハイキングには良いんだろうけどパス。一方、ハイカットは本格的すぎる。ホールド感ありすぎて慣れてないと歩きにくそうに感じたのでパス。

やっぱり無難にミドルカットだなと判断。万能だわ。ロックガーデンは岩場もあるし、ミドルカットでも十分に「俺トレッキング行く!」って装備感が味わえる。よし、ミドルカットにしようと決意。

シューズの価格

これ、まさにピンキリ。数千円から数万円。いったいどうするべきか。安いにこしたことはない。なぜなら1回きりのトレッキングになる可能性もあるから。かといって歩きにくい靴も嫌だ。靴のせいでトレッキングはしんどい、つまらないという感想になるのが嫌。

安い物は6000円くらいでもある。個人的には1万円までにしようと決意。安いものから試し履きして、1万円以下で履き心地良かった物を選ぼうと決意。

[voice icon=”https://cerezoman.com/wp-content/uploads/2018/02/786DB7B9-C07A-4E04-A6AC-CFB86F564D5B-300×300.jpeg” alt=”” width=”300″ height=”300″name=”私” type=”l”]形と価格を決めておけば悩まなくて済むぞ[/voice]

初心者がトレッキングシューズを買うまで

トレッキングシューズ売り場

私のターゲットはミドルカットの1万円以下。さぁ売り場に来ました。
売り場に来て驚いたこと。本当に値段がピンキリ。防水性と通気性を兼ね備えた物は高いね。でも迷わないセコイ私は1万円以下。

売り場で少し悩まされたことがある。それは〜1000mとか〜2000mの表示があり売り分けられていること。おそらく登る標高を目安に靴を選んでみたら?というアドバイスだろう。私は何mなんだろう。分からない。しかし面白いジャンル分けだな、山行くんだなと実感。まぁ気にせず選ぶことにした。

トレッキングシューズの決定と購入

まず、最も安いミドルカットを履いてみる。素直な感想は硬くて重い。これは不自由、窮屈だなぁと思った。スノーボードやってる頃を思い出した。途中で脱いで休憩したいと思いそうな感じ。これは違うなと初心者ながらに思う。そしてドンドン試し履きをする。

そして決めたのは表示価格12000円くらいのシューズ。高い?いやいや、表示価格より30%オフになるセール品でさらにWAONで10%オフになる。オッケー、1万円を十分に下回る。

履き心地もいい。軽くて柔らかいしストレスが少ない。これにしようと決めた。山に行くことが趣味の人から見ればそんな価格帯で悩むなんて甘いなと思われそうですが、初心者として気にいるシューズに会えました。

例え1回きりのトレッキングになったとしても靴のせいではないと言える納得感。それが決め手でした。セールで無ければ買えない価格でしたし、良いもの買ったと山も登らずに思ってます。試し履きよりサイズは普段より大きめに決定。大きめを選ぶのが普通らしいので心配なし。

[voice icon=”https://cerezoman.com/wp-content/uploads/2018/02/786DB7B9-C07A-4E04-A6AC-CFB86F564D5B-300×300.jpeg” alt=”” width=”300″ height=”300″name=”私” type=”l”]良いものを安く買えた。自己満足。[/voice]

初心者が買ったトレッキングシューズの紹介

買ったトレッキングシューズはこんな感じ。

デザインは無難かつカッコいい

山へ向かうために電車に乗ることもあると思う。そんな時は無難なデザインがいいよね。

クッション性あり適度に柔らかい

ソールにクッション性あり、歩く時には足と同じように柔らかく曲がる。

滑りにくそうな接地面

裏側は滑りにくそうな形状をしていて安心。

[voice icon=”https://cerezoman.com/wp-content/uploads/2018/02/786DB7B9-C07A-4E04-A6AC-CFB86F564D5B-300×300.jpeg” alt=”” width=”300″ height=”300″name=”私” type=”l”]結構気に入ってます![/voice]

by カエレバ

 

トレッキングシューズ本番までの準備は歩いて慣らす

買ったトレッキングシューズをトレッキングで初めて履くのは嫌だ。靴ずれや途中でヒモを締め直すのもわずらわしい。本番までに少し慣らしておこうと考えました。

履いて歩くは河川敷。広く平らな河川敷をトレッキングシューズで歩く。ワイルドなのは地面が土という部分くらいだ。

歩いて慣らすことにより、トレッキングシューズのヒモの結び方によるチューニングのコツが分かりました。

その時の記事はコチラ!

初心者のトレッキング準備まとめ

  • 登山の種類を知り自分がどの種類に挑むか理解する
  • 必要な物を調べ、必要性を考える
  • トレッキングシューズは形状と価格を決めておく
  • トレッキングシューズは履き慣らしておく
  • 継続できる趣味かは行ってから判断することを念頭に置き投資する

そして後日、トレッキングへ行きました。その時の記事はコチラ。

おわり