『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』69人ご利用中! 友だちに追加

成果を出すにはインプットが重要

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

結果を出せと言われる毎日。そもそも結果とは何だろうか。結果とは結末のこと。内容的には良いも悪いも含まれます。

結果のうち、良い結末の場合を成果と言います。仕事で「結果を出せ」というのは多くの場合、成果を出せという意味をであり良い結末を期待されているわけです。

毎日良いことばかりじゃないですが、どうすりゃ成果が出るんだろう。そんな記事です。

成果にはインプットが必要

なぜ成果が出ないのか振り返った時、必ず行き着く理由がインプットの不足。話は簡単でアウトプットはインプットがないと出るわけがないんです。インが無いのにアウトするわけがないという理屈です。

ブログの場合、インプットは体験や本を読むなどの「行動」になります。それをアウトプットしてブログ記事になります。ブログ記事が書けない時は決まって行動が不足している。ボーッとしていてはネタが集まらず記事は書けないです。

仕事の場合、インプットで横着すると必ずつまずきます。中途半端な検討で答えを出すと結果は出ても成果は出ないことが多いです。十分な検討というインプットが成果を出すためには必要になんです。

これは勉強でも同じですよね。学習というインプットが無ければテストの点数で成果が出ません。

とにかく成果を出すためにはインプットが非常に重要なんです。

なぜインプットが不足するのか

どうしてインプットが不足するのだろうか。その理由は成果を出そうとする焦りにあります。もしくは横着した手を抜いたってのもありますが。

成果はインプットの後についてくるので、物事に取り組む時は、まず目的をインプットに設定することが重要です。

成果を出すという想いが先行すると目的がいきなり成果になっていることがよくあります。

成果が求められる、自分も成果を出そうとする。でも実は一番重要なのはインプット。インプットさえしっかりやれば成果は求めなくても出ると信じて一歩一歩進みたいものです。

成果を出す大切なこと

まず、インプットをしっかり行う。早く成果を出す必要がある場合はインプットを効率的に行う。

効率的なインプットとは成果を出す最短コースを進むためのインプット行うこと。これには個人の感性や経験値、情報収集能力などが必要になります。

ある程度の最短コースなら簡単に進むことができます。仕事の場合は過去の知見や文献。勉強の場合は過去問から苦手を探す。過去を知って今に利用するイメージです。分かっていることは自分で悩まず利用すれば効率的です。

成果を狙うのではなく必要なインプットを蓄える。それが成果を出すためには必要。そう考えた時、周りにも自分にも「良い結果を出せよ」と言うのではなく「しっかり準備しろよ」と声をかけることが重要になります。

成果というプレッシャーがインプットの邪魔をする。結局は準備、インプットのやり方で成果が決まることを見失ってはいけません。

インプット無くして成果無し。インがあってアウトがある。これが本質で成長には不可欠な習慣だと思います。「最近うまくいかねぇ」って人はインプットに注目してみると良いかもしれません。

おわり。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。