長崎旅行

長崎の夜景なら稲佐山が楽しい

長崎に行って来ました。長崎の夜の楽しみといえば夜景。日本の三大夜景は函館、神戸、長崎で長崎に来たからには夜景を見ないともったいないです。

長崎の夜景を楽しむスポットは複数ありますが一番有名なのは「稲佐山」です。今回、稲佐山に行きましたので記事にします。

夜景スポット稲佐山の楽しみ方

長崎の夜景ランキング1位が稲佐山になります。稲佐山は標高333mでその頂に展望台があります。

展望台は無料で登ることができます。施設は綺麗で交通も充実。街をあげて夜景鑑賞を応援している雰囲気があります。

展望台には駐車場がありますが人気スポットのためすぐに満車になります。そんな時のオススメは展望台から少し進んだ中腹の駐車場に車を停めること。ここから無料のシャトルバスが展望台に出ています。展望台の駐車場に並ぶより割り切ってシャトルバスを使う方が早いです。

現地の人も言っていました。「展望台に駐車するために並んでも夜景鑑賞は人の回転が悪く待ち時間が長い。それならシャトルバスを使うべきです。」とのこと。私は潔くシャトルバスで展望台に行きました。スムーズに移動でき正解でした。

夜景だけじゃない稲佐山の景色のすごさ

私は夜を待たず日没の10分前くらいに稲佐山の展望台に上がりました。まだ夜では無いので夜景はなくただの景色の良い展望台でした。

夜までもう少し待つ必要がありますが展望台の楽しみは他にもある。なんと稲佐山の展望台は街と海を見ることができます。なんと360度見渡せるつくり!街の見える場所から反対側に行けば海が見れます。夜まで時間があったので私は海側に行ってみました。すると思いもよらぬ景色が広がります。

夕焼けの海です。

この景色はとても長崎を感じる。街と海が共存している。私は街と海の間にいる。長崎に来ている実感がわきます。

次第に夜が近づきます。じょじょに美しい夜景へと変わる長崎の街。

とても綺麗でした。

船がいたり橋がたくさんあったり。視界に入る全てが長崎らしい夜景だなと思いました。

夕景・夜景の正しい撮り方 (Gakken Camera Mook)

夜景の稲佐山のまとめ

  • 無料で楽しめる
  • 展望台に駐車しなくても無料のシャトルバスがバンバン送迎してくれる
  • 日没前から行き海に沈む夕日も楽しむ
  • 海、船、橋を眺めて長崎らしさを味わう
  • 三大夜景に来たぞって実感する

これが楽しむコツでした。
稲佐山は街からも近くいい所。人は多かったですがそれだけの価値があるということです。

おわり。