『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

オススメの本、ソース(SOURCE)を読んでワクワクしてない自分に気づく

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

最近の私は全体的に低迷中。仕事はうまくいかないし精神的にも活力がない。まぁ日々暮らす中でこうした浮き沈みは必ずあるので心配はしていないですがモヤモヤする。

低迷中に一番やってはいけないのは「逃げること」。開き直ったり諦めたりすると好転する機会を失う。現実を直視していずれ好転すると信じて耐えしのぐのみ。低迷中はやけくそに頑張っても好転するとは限らない。逆に疲れや焦りの原因になるのでほどほどに頑張る。そんな気持ちでいるしこれまでもそうして乗り越えてきた。

そんな低迷中に昔から必ずやってしまうことがある。それは「本を読むこと」。基本的には自己啓発的な本を読み自分を慰めている。就職して新入社員研修の時もストレスに負けそうで大量の本を読んだなぁ…あの頃が懐かしい。

本を読む

読んだ本

そして今回の低迷中もまた本を読んだ。その本のタイトルは「ソース(SOURCE)」。

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

この本は1999年に発売され古いと言えば古いが現代でも通用する人生の考え方を教えてくれるようだ。本の評価も高い。レビューには人生の考え方が変わったとか衝撃を受けたという言葉が並んでいる。ならば読んでみようとキンドル版をスマホで読むことにした。

本の評価

本の内容紹介

次のように説明されてます。何となく雰囲気は分かると思います。

これほどシンプルでこれほど本質的な生き方が他にあるだろうか。すべての人にある「自分がワクワクすること」。そこには、あなたの人生を劇的に活性化させる「奇蹟の力」が宿っている。自分にとって「ワクワク」することを生きることは「自分らしさ」を生きることになる。人生を劇的に活性化し、内側から自発的で奇蹟的な力を呼びさます、ワクワク人生プログラム「ソース」の考え方を紹介する。 この本が紹介する考え方は、一般の社会通念とはまったく異なる革命的なものです。あなたの生き方を根本から変えてしまう力があり、あなたを自分の人生の「本当の」主人公にします。幸福への道が、生来の好奇心や興味、生きる意欲と同じくらい身近なものになります。新しい考え方を使って自分の人生を変えたいと望む人や、自分の心を突き動かすものを発見したいと願う人のために書かれた本です。生まれ変わったかのように、ふたたび自分の夢を追いたい人、地平線のかなたから聞こえる汽笛に耳をすます人、汽車の線路に希望と可能性を見る人、そうした人たちのために本書は書かれました。読者のみなさんが本書を通して自分のソースを発見し、人生の旅路をエンジョイされることを心より願っています。

そこまで人生に悩んでいるわけではないが、考え方として自分にプラスがあるかもしれない。低迷中だし読んでみようと思った。

ソース(SOURCE)を読んだ感想

ワクワクすることを大事にしなさい。ワクワクすることが人生のエネルギー源でワクワクするものを追求すれば自分らしさも追求でき幸せになれると教えてくれた。

ワクワクすることは時間を忘れいつまでもやれる。しかも疲れが残らない。子供の頃の遊びもそうだった。気がつけば夜になろうとしていた。そんなワクワクすることのみやっていけばいい。ワクワクすることを仕事にしてワクワクを人生のメインにおけば必ず幸せになるというもの。

人はワクワクすることをやりたいのに言い訳をしてやらずに人生を送る。その言い訳とは、不安とか謎の責任とか…そんなもの無視してワクワクすることだけやっていこうよという話だった。

そんなワクワクを追求する人生。自分には難しいと思った。やっぱりリスクがある。最近はやりたいことをやって生きることが流行っているが自分には無理だ。私は自分が多少犠牲になっても家族の安定を守りたいと思っている。ワクワクすることだけを求める人生は自分本位すぎると感じた。ワクワクもいいけど今を守れないことがリスクになる。

本では今からでもワクワクのみ追求しなさいとあるが家族もあるし今が安定している。これらはワクワクを追求しない言い訳になると分かっているが「自分は今のままでいいや」と思った。

この本は学生の頃に読んでおけばいいと思う。人生には沢山の考え方や価値観があることに気づけるからだ。私の場合は今更ワクワクを追求する人生への方向転換は無理だが、唯一心に残った部分もあった。

それは「ワクワクする」ことの大切さ。サラリーマンして家と会社の往復ばかり。休みの日は家のこととサッカー観戦。ワクワクするのはサッカー観戦の時ぐらい。この本にはワクワクすることを全部やってみろとあった。そう考えればフットサルをするとかスケボーに乗るとかプラモを作るとかバーベキューするとか、自分が時間や怪我を言い訳にやっていない「ワクワク」しそうなことをもっとやらないといけないと思った。

今の私の低迷はワクワクしてないからかもしれない。もっと人生に刺激を…もう少しやりたいことをやってみてもいいんじゃないか?やりたいことから遠ざかりすぎると自分らしさを失うことにもなる。そう学びました。

ソース(SOURCE)の教えは完全に実践できないけど「ワクワク」というキーワードを思い出せたことには感謝したい。おっさんになっても「ワクワク」を大切にしないとな。

こんな気づきがあるから低迷中には本を読む。何かを解決することが目的ではなく低迷中の現実から少し視点をずらせる読書は貴重だと再認識しました。

おわり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。