『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』61人ご利用中! 友だちに追加

セレッソ大阪対ジュビロ磐田の感想

どうもセレッソマンです。サイト訪問ありがとうございます。
スポンサーリンク

8月19日Jリーグ23節セレッソ大阪はジュビロ磐田とアウェーで対戦した。
この時点でセレッソ大阪は2位。ジュビロは6位。ジュビロに負けても勝点的にはひっくり返されないが川崎、柏、横浜と上位争いが熾烈なセレッソ。ジュビロに負けると2位転落。そんな焦りがあった。

しかもジュビロは前節でガンバを倒している。勢いそのままホームでセレッソを倒して更に勢いに乗りたいところだろう。もう上位争いに加わるチームは増やしたくない。順位争いの視点含めここは是非セレッソに勝利して欲しいところだった。

ジュビロは中村俊輔の魔法の左足で盛り上がる。ジュビロサポーターから見れば中村俊輔は他の選手の成長を促しチームのポテンシャルを引き出す存在。それは認めるが魔法の左足は騒ぎすぎだと思う。

セットプレーを中村俊輔が蹴る。そしてゴールが決まる。中村俊輔がアシストしたら魔法の左足と言われる。それはおかしい。どのチームだって同じ。キッカーは褒められる。普通は褒められて終わる。それが中村俊輔だからブランド力が上乗せされ魔法の左足と盛り上がるだけなんだろ。

イチローが内野安打。メッシがハットトリック。やるべき人がやったからニュースになる。中村俊輔はやるべき人だからアシストするとニュースになる。

つまり、何が言いたいかというと中村俊輔だろうがキッカーはキッカーで特別ではない。恐れることはないということ。結果出したらニュースになるだけのことサッカーはサッカー気にすることはないんだ。

ただ…すごいのは、やるべき人がやるべきことやっているということ。やるべき人だからそれなりのプレッシャーやマークもつく。なのに結果を出す。中村俊輔の凄さはそこにある。まぁただのキッカーのはずの中村俊輔にセレッソはやられた。(やっぱやりにくい相手だわ)

やるべき人にやるべきことをやられての引き分け。セレッソは試合終了直前に追いつかれ1-1の勝点1で試合を終えた。引き分けなのに中村俊輔にスポットが当たる、なんだこのレジェンド感は…悔しい。6位で勝点3しか望んではいけないのに価値ある勝点1とか…悔しい。
そうさせたセレッソが悪いんだがセレッソサポーターの私には非常に後味の悪い試合だった。

セレッソ大阪対ジュビロ磐田の感想

まずセレッソのスタメン。
画像はフットボールラボさんより引用。

セレッソは山村が負傷中で注目されたのは代わりは誰か?練習の紅白戦では福満が入っていたが結局リカルドサントスが出場。当たればでかいそう信じているリカルドサントスだがJリーグ向きではないとこの試合で確信した。それぐらいの出来であった。カップ戦で鍛え直して欲しい。

試合はキックオフからしばらくして「あぁ今日のセレッソはイマイチ」だなと思った。セレッソの調子はキックオフしてしばらくすると分かる。簡単に言えばパスがつながらないのだ。パスがつながらないのは選手が動けてないからであり今日もキレがないなと不安になる。

選手が動けていないとパスが選手を動かすようになり少しずつパスにズレが生じ、次第にパスミスとなり敵に奪われる。また選手が動けていないと守備にほころびが生じる。ボールホルダーにチェックに行けず、パスコースをふさぐことで精一杯になり、敵が動けていると簡単にパスコースを作られピンチになる。

セレッソが好調な時は運動量があった。運動量が多くて躍動するときのセレッソは本当に強い。そして楽しそう。ただ最近の試合は運動量が落ちている。楽しくなさそう。夏場に運動量がキープできるか不安であったがやはり夏場になると運動量は落ちてきた。

この試合を引き分けに終えることができたのはセレッソの選手を個人のスキルに救われたためである。先制点はクロスの精度とシュートのテクニックに救われた。チームで相手守備を崩したわけでなく個人のスキルでスパッと先制した。動けていなくても何とか1点は取れる。それがチーム力が低下中のセレッソの唯一の希望だと感じた。

いつまでも個人のスキルで戦うわけにはいかない。圧倒するにはやはり運動量が必要。でも急に運動量を上げろといっても難しいため、ここは夏の暑さが過ぎるまで何とか連敗せずに秋を待つしかないだろうな。そんな気持ちになる。運動量が低下した時、どうカバーするかは来シーズンへの宿題だ。

次は鹿島戦。まだ暑いだろうな。とても不安になる。でもホーム開催だからセレッソはやってくれると信じている。何とか上位にとどまり9月10月と再度調子を上げて欲しい。

リーグは12月まである。まだ悲観することはない、焦ることはない。個人のスキルと運動量とホームでの熱い声援によりセレッソが良いシーズンを終えられますように…望みは高く現実は受け止めて。引き分けが悔しい私たちはまたまだ高みに行けるはずだ。

諦めてはいけない。チャレンジャーの年。
ワクワクの冒険は続く。

おわり。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。