『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

キッザニア甲子園1部攻略!普通の日曜日の並ぶ時間と順位

スポンサーリンク



キッザニア甲子園は社会のしくみを学ぶ「こどもが主役の街」。約100種類の仕事や体験を楽しむことができます。楽しみながら仕事や社会のしくみを学べるため遊びと教育の両方が味わえる子供にも親にも有意義なテーマパークです。

100の仕事や体験の中には当然、大人気なものがあります。大人気の仕事はできない場合があります。なぜならキッザニアは基本が早い者勝ちシステムだからです。キッザニア甲子園で希望の仕事を確実に楽しみたいなら朝早く行って並び、早い順位で入場して1番最初に希望の仕事をゲットする。これが最も確実な攻略法となります。

早く行くとは?それは何時にどこに行けば?
そのポイントを記事にします。私はキッザニアにこれまで何度も並んでいます。直近では6月の普通の日曜日にキッザニア1部に行き、9番の整理券をゲットしました。その方法をご紹介します。

キッザニアには朝6時に並ぼう

6月の普通の日曜日の記録になりますが、時間と並んでいる人数は以下の通りでした。

  • 6時 9組(私)
  • 6時30分 約30組
  • 7時 はるか50組には伸びる

6時に行き9番をゲット

人気の仕事は重複する可能性があり、また1組でも子供は複数いると考えた場合、やはり6時には並んでおきたいです。連休中や早朝でも寒くない夏ならもっと早くから並ぶ人が増えますが基本は6時と覚えておけば良いと思います。

早朝のキッザニアへの入口と道のり

ららぽーとのキッザニア下の駐車場は7時にオープンします。駐車場オープンに合わして人は増えるため、それより早い時間にキッザニアに行く必要があります。

駐車場が開いていないのにどこから入ればいいの?そしてどんな道を歩けばキッザニアにつくの?そんな不安を解消するため朝のキッザニアへの道のりを紹介します。なお、駐車場は開いていないのでキッザニアには歩いて(又は自転車)行くしかありません。

早朝の入口はららぽーと南側道路の歩道橋よりやや西側にあります。駐車場入口が沢山ある南側の道路沿いの西側(甲子園球場)よりです。

入口にはアーチ状のららぽーとの看板がついています。

よく見るとららぽーと、キッザニア入口という黄色い看板もあります。

なお、路上駐車は良くないことですが、入口の前は早朝なら車をとめて並ぶ人を降ろすこともできます。

この入口をくぐり、ららぽーと方向へ歩いて行きます。
道は一本なので迷うことはないと思います。まずまっすぐ歩きます。

次に道なりに右に曲がります。

分かりやすいうえ看板もあるので安心です。

すると駐輪場になります。この駐輪場を抜けて行きます。

駐輪場を抜ける頃にはキッザニアが見えてきます。
入口から3分くらいで到着です。

写真左側のエスカレーターに沿って並びます。写真のエスカレーターの裏側沿いになります。

並んだ後のスケジュール

  • 7時頃 整理券の配布(予約の控えなど必要)
  • 7時15分 ららぽーと内に移動。(予約の控えなど必要)
  • 7時20分 チケットカウンターで受け付け開始(予約の控えなど必要)

8時半の入場までは代表者のみ居ればOK。8時ぐらいに全員揃えば安心です。

キッザニア1部並ぶ時間のまとめ

6時に並ぼう。
6時半になると電車で来る人が並び出します。
7時になると駐車場がオープンし車で来る人が並び出します。
特に30分の差が大きな差になります。少しの努力で1日の楽しさが左右されるので頑張りたいところです。

もっと情報がほしい方へ

当ブログでは他にもキッザニアの記事を作成しています。全て実体験です。情報収集にどうぞ。
キッザニアの記事はコチラ。

並ぶために便利なグッズ

  • 場所取りと荷物置きのレジャーシート

1畳分がかさばらずちょうどいい。縦におけばそれなりのスペースが確保できます。

ブルーチェック レジャーシート1畳 1枚入 NBCHー4000

  • 待つために座る折りたたみイス

小さくたためて軽いものをチョイスしたい。入場後に邪魔になりますので。

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア ウルトラライトチェア C1-55 超々ジュラルミンに改良版

  • 暇つぶしにもなるガイドブック

待ち時間に作戦を考える。重要ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。