『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち47人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

若い時に出会いたかった人生に必要な魔法の言葉

スポンサーリンク



良い言葉に出会ったので紹介しときます。自分がもっと若い頃に出会いたかったなぁと思える言葉です。学生さんは友達にも教えてあげてくださいね。

その出会った言葉とは…
「やり方より在り方」

なんじゃそれ?と思うでしょ。でもこれが実に深くて価値ある言葉なんです。

まず言葉の意味から整理してみましょう。「やり方」と「在り方」って違い分かりますか?

  • 「やり方」は方法
  • 「在り方」は存在

つまり、やり方は「行動」で在り方は「形」のイメージとなります。

急に重い話になりますが、人生では「行動」と「形」のどっちが重要だと思いますか?
私はもちろん「行動」だ。人生は挑戦あるのみ!そう思ってた。でもそれ不正解なんです。

答えは「形」なんです。人生は『在り方』が重要なんです。在り方ってのは分かりやすく言うと「ビジョン」のことです。

人生は自分の決めたビジョン(在り方)めがけて生きていく。その思考が重要です。

やり方より在り方が重要な理由

分かりやすく言うとカリスマっているでしょ。あれは自分のビジョン(在り方)を体現して他の人に見せて共感を得て成功している。やり方より在り方を重視してる典型だと思う。在り方がすごいからやり方が合ってるってことにもなる。

伝記を読んでもビジョン(在り方)の大切さはヒシヒシと感じます。偉人たちは自分の在り方を決めて在り方に導かれるように生きていきます。
治らない病気を治したい、もっと便利な世の中にしたい。偉人たちにはそんな「在り方」がいつもスタートにあり「やり方」は自然とついくるような人生を送っている。

もっと分かりやすい例を紹介します。サッカーの本田圭祐はセリエAで10番つけプーマと契約する。野球のイチローは中日か西武に入り契約金1億円以上。ゴルフの石川遼は二十歳でアメリカに行ってマスターズ優勝。

これ、全部小学生の時に掲げた将来の自分の「在り方」。やはり「やり方」でなく「在り方」が人生の成功には重要。本田圭佑、イチロー、石川遼を見ていると将来の在り方が具体的にイメージできているほど成功には近づくと思えます。

プロスポーツ選手が子供たちに言う「夢を持ち続ければ成功する」って言葉。これってブレない「在り方」を持てってことなんだと思う。

中学の時の先生に言われた。先生が好きな言葉は「やれるだけやってみる」です。それを聞いた時はなるほどなぁと思った。いい言葉だと思った。

でも今は先生それ違うんだよって言いたい。

中学生に本当に必要なのは「やれるだけやってみる」ではなく「自分の将来の在り方を必死に考えなさい」という言葉。

目先の根性論ではダメなんです。必要なのは未来の明確なビジョン。納得いく在り方を見つけたら放っといても努力をするわって話。何をめがけてやれるだけやれと言うのか。そんなに人生軽くない。

「やり方より在り方」。もっと早く出会いたかった言葉です。今をバタバタするより将来の在り方を考えて努力の方向を明確にしてやる気を引き出す。これが大切なんです。

将来の在り方。考えてみてはどうでしょうか。ビジョンを持って生きると輝けると思いますよ。さぁどこを目指して生きていく?

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。