『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

ダイエットの誤算!スポーツジムに行っても痩せない原因は油断

スポンサーリンク



娘に「太っているのは嫌」と言われダイエットを決意。それから1年ほどスポーツジムに通っている。

頻度は週2〜4回、平均すれば週の半分はジムに行く。ジムではプールのみ利用。理由は荷物が少なくてすむから。プールだとクツが要らず荷物がかさばらないのでとても楽。

靴を持って通勤するのは嫌だ、ジムでロッカーを借りて預け続けるのもお金がかかる。そんな人にはプールがおすすめです。

プールでは1時間運動する。ご機嫌な日はクロール。悩み事があったりテンションの低い日は水中ウォーキングをする。水中ウォーキングは消費カロリーは少ないがクロールより運動しながら考え事が出来るので癒される。

プールでは必ず最低1時間運動する。これが自分へのノルマだ。

プールで1時間運動すればどれくらい痩せるか

1時間あたりの消費カロリーから考えてみる。
クロールなら900キロカロリー程度、ウォーキングなら300キロカロリー程度を消費すると言われている。1kg痩せるにはマイナス7000キロカロリーを蓄積する必要がある。(トータルで摂取カロリーより消費カロリーが7000キロカロリー上回れば1kg痩せる)

つまり、普段の生活で摂取カロリーと消費カロリーがトントンなら10回プールに行き1時間ずつクロールすれば1kg痩せる。ウォーキングなら25回も行けば1kg痩せることができる。

私は1年間プールに通っている。本来ならどれくらい痩せているはずだろう?皮算用してみる。

年150回行くとして1回当たり平均600キロカロリー消費しているとする、計算すれば1年で90000キロカロリーの消費。

これって1年で10kg以上痩せる計算になる。

でも、実際は…なんてことでしょう「体重に増減無し」体重以外の効果としては「変な所に変な筋肉がついた」ことと「体力的に疲れることが減った」こと。

疲れにくくなったのは良いことでプールの日々は無駄では無い。しかし、そもそもの目的は娘に「太っているのは嫌」と言われたから「娘を見返す」ことにある。

そんな娘に「変な所に変な筋肉ついたぞ、しかも疲れにくいぞ」と言っても意味がない。やはり太っているを解消しなければならない。

なぜジムに行っても痩せないのか

ジムのプールに通い1年たった今、痩せない理由から考える必要がある。

ダイエットの方法は色々とあるが、結局は摂取カロリーより消費カロリーを多くするのが基本にある。消費カロリーが多いとカロリーが不足する。体は不足したカロリーを補うために脂肪を燃焼するから痩せる。

私が痩せない理由は消費カロリーが摂取カロリーを上回らないため。これは間違いない。でも、プールに行っているため消費カロリーは間違いなく多くなっているはずで痩せる傾向にあるのになぜ痩せないのだろう。

一つ心当たりがある。プールに行きだしてから「飯がうまい!」。飯がうまくなる理由は2つある。

運動すると腹が減る。
運動したから食への罪悪感が減る。

これが私の痩せない理由だろう。つまり、腹が減るからたくさん食べたくなる。運動したから罪悪感がなく食事へのブレーキが効かない。

結局はプールに行っていることから来る「油断」これが痩せない原因だ。「痩せるため」に入会したジムがいつしか「ご飯を美味しく食べる会」に入会したような感覚になっている。

消費カロリーは貯金、貯金の使い方を考えよう

ジムのプールに行っても痩せない自分。これからは考え方を改めようと思う。

まず、消費カロリーをもっと大切に使うようにしなければならない。ダイエットにとってプールで増やした消費カロリーとは貯金のようなもの。

消費カロリーという貯金を貯めれば痩せることができる。プールには痩せるために貯金しようと通っていた。でも、今の私は貯金を使ってご飯を楽しんでいる。

食事中は幸せだがダイエットから見れば「あ〜あまた貯金使って飯を食ってやがる」となる。これからは貯金を守ることを最低限に、もし可能ならば食事を減らし更に貯金を増やすことを忘れないようにしたい。

他にも考え方を改める必要がある部分もある。それはプールに行かない日の自分。プールに行かない日は消費カロリーの貯金ができていない日。そんな日にプールに行った時と同じように飯を食べれば消費カロリーの借金となる。摂取カロリーが消費カロリーを上回る可能性が出てくる。

自分の消費カロリーを守る。摂取カロリーを防ぐ。ダイエットには当たり前のことだが「油断」せず貯金と借金に置き換えて切実な問題として重要視していこうと思う。

プールでダイエットのエピソード

プールに行くとたくさんの人がいる。私の行くジムのプールは「おっさんとおばさん」だらけ。みんな痩せていない。たまにプールって痩せないのかと不安になる。

そんな「おっさんとおばさん」を見ているとプールサイドに饅頭を持ってきてることがある。どっか行った土産なんだろうな。私は交わりたくないので話をしたこともなく、土産に巻き込まれないですんでいる。

おっさんとおばさんはペチャクチャしゃべるクセにちゃんと泳いでいる。ちゃんとカロリー消費している。でも饅頭を食べるから痩せていない。

そう、奴らも「油断」しているから痩せない。プールで運動するだけではダメなんだ。
ジムやプールを活用してダイエットするなら、運動した充実感に飲み込まれないようにしないといけない。
ご飯が美味しくなる
食べても良いかと思う
充実感と消費カロリーの余裕が「油断」となり痩せない。

痩せたければ「運動したからカロリー摂取するのはもったいない」と考えるべきです。摂取カロリーを下げるだけでもダイエットはできる、更にがんばって運動をプラスしている自分。

運動をプラスして飯ウマ!運動をプラスした反動で摂取カロリーまでプラスしてもうた。これではかっこ悪い。ジムに行っている意味がなくなってしまう。

消費カロリーは貯金。大切に使おう。

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。