『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち28人ご利用中。 友だちに追加

2017大阪ダービー初戦の結果やっぱガンバが勝つ?いや大きな意味があった

スポンサーリンク



2017年4月16日。
J1第7節。
ホームセレッソ大阪がガンバ大阪と対戦。

そう、大阪ダービーです。
実に3年ぶりのダービー。

大阪ダービーを迎えてまず思う
あぁJ1に帰ってきたんだ。

ガチでガンバと激闘できる。
これは嬉しい。

嬉しさの後にこみ上げてくるもの
「絶対に負けられない!」
意地とプライドをかけた大阪対決の重み。

大阪はセレッソだ!
いや、ガンバだ!
ダービーは真の大阪をかけた戦い。

大阪で強いのはどっちだ?
そんな火花を散らすわけであるが
私は心のどこかで
セレッソ大阪の実力を試す絶好の機会になると思っていた。

ガンバ大阪は気づけば
J四天王クラスの強豪となっている。

一方セレッソ大阪はJ2で修行してきた身。
ここはどれだけセレッソ大阪が強がってもチャレンジャーであることは間違いない。

ダービーはセレッソ大阪が勝つ。
セレッソが大阪ナンバー1だ!

その意気込みを変えるつもりはないが
自分のクールな部分はやっぱセレッソ大阪はチャレンジャー。

しっかり戦えよ。
全力出し切るんだぞ。
といった親心にも似た心境にもなる。

つまり、勝ちたいという気持ちと不安が入り混じる。
そんな3年ぶりのダービーだった。

この試合、両チームのスタメンは以下。
いつも通りフットボールラボさんより引用。

ガンバは知らないのでほとんど触れない。
藤春は速いから嫌。
倉田は一段とプレーがやらしくなって嫌。
あっ遠藤ガンバってるんですね。
くらいにしときます・・・。

セレッソ大阪のスタメンはいつもの通り。
山下がセンターバックに復活した。
清武はベンチスタート。

ダービーだから清武に無理させる。
そんな判断はしない。
クールなセレッソが私は好きだ。
いつものセレッソ大阪をガンバにぶつける。
それで良いと思う。

セレッソの選手は持ち味を発揮したと思う。
柿谷はいつもより仕掛けていた。
そのテクニックはガンバも手玉にとれる。

やっぱ本気の柿谷は「すげぇわ」
と思うと同時に
いつもそれくらい本気でやったらええのに
と思ってしまった。(ごめん)
それぐらい気迫を感じるプレーでした。

ソウザはいつもより縦横無尽にプレーしてた。
後半はあまり自由がなかった
さすがにガンバは抑えてくるな。

山口蛍もワンタッチで効果的にパスを配給。
1対1も強かったわ。

マテイヨニッチは当たり助っ人DF確定。
安定の守備力。

しかし杉本健勇は良かったなぁ。
この試合を持っていったわ。
2ゴールですから。
いつもスタンドからヤジられてたウップン晴らしたな。

特に1点目のゴール。
あれは良かった。
トラップからキックフェイントでタイミング外してのシュート。
あれは自信になると思う。
ストライカーらしいゴール。

J2ではあんなシュート決めていたイメージあるのにJ1に来たら…なんかこじんまりしてるなと不安に思っていた。
強気の健勇。
それがガンバ戦で復活した。
この2得点は今後の活躍につながると思う。
J1で得点量産する手応えを感じたと思うなぁ。

試合はセレッソがペースを多く握っていた。
選手が持ち味を発揮するセレッソ。
試合巧者のガンバ。
そんな内容で試合の結果は2-2。

先制したのはガンバ。
そしてセレッソが逆転。
終了間際、ガンバが追いつく。

セレッソが勝つと思ったのに。
つくづくややこしい相手と痛感しました。
セレッソの気持ちが乗りすぎた時にチョロっと点を決めてくるからなぁ。

試合前に柿谷曜一朗は言っていた。

「やっぱりダービーなんで、まぁ意地と意地のぶつかり合い。やっぱガンバが勝つんじゃない?と思っている人が僕は多いような気がするから、それをこの先ひっくり返していけるようにしたい。」

曜一朗が言った通り、
大阪ダービーは意地と意地のぶつかりあいでした。
試合終盤にはセレッソが勝つんじゃない?と思えたけどそう簡単な相手ではなかった。

このダービーでセレッソは自信を得たと思う。
J1復帰早々にセレッソがここまで力をつけている現実にガンバも少し焦ったんじゃないかな。

試合終了の瞬間、勝ちたくて悔しかった。
セレッソなにしとんねん。
と思った。

でも、その数時間後・・・
寝る前に思った。

チケット完売かぁ。
観客4万超えやったなぁ。
ハイレベルでドキドキする試合内容だったな。
大阪にはこんな素晴らしいサッカークラブがあり盛り上がるダービーがある。
これって幸せやんなぁ。
これも両チームが強くないと成り立たないことやな。
セレッソはもっと強くならないとあかんぞ。

ガンバの遠藤保仁はダービーにむけて言った。

「大きな意味合いを持つ試合になるとは思うんで」

大きな意味とは・・・

試合の結果だけでなく
大阪のサッカーのレベルアップ
日本のサッカーの盛り上がり
そしてそれぞれのサッカー愛が深まる
それらをひっくるめて
大きな意味合いを持つと言っていたのかもしれないなと思った。

マジで勝てず悔しかったけど。
ののしり合って
ケンカしそうになるけど。
ガンバは嫌いだけど
セレッソも嫌われているけど…

やっぱ大阪ダービーは必要だ。
大きな意味合いを持つ。

ダービーの日。
私は充実したサッカー時間を過ごせました。

次はガンバのホームでダービーですね。
次は勝ってやろうじゃないか。

セレッソ大阪の旅は続く。

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。