実体験キッザニア甲子園1部の並ぶ時間から受付までの記録

スポンサーリンク



春休みの平日に子供をキッザニア甲子園に連れて行った。
キッザニアのシステムは基本的には「早い者勝ち」方式となる。
早く入場したほうが希望の仕事ができ、その後の展開も優位になる。

早く入場するためにできること・・・
それは朝早くキッザニアに行き並ぶしかない。

私が何時に並び、どの程度の順番でキッザニアに入場できたかを
今回記事にします。

キッザニア甲子園へ行く方の役に立てば光栄です。

キッザニア甲子園の並ぶ場所

まず一番重要なことを書きます。
ららぽーとのキッザニアの駐車場は7時オープン。
当然それより早い時間は車で入れません。
つまり、7時より早く行けば車で来る人より順番が早くなる(勝てる)
ということになります。

では駐車場がオープンしていない時間、ららぽーとにどうやって入ればよいか?
誰もが気になるところです。
ららぽーとには朝早くても歩行者と自転車が入れる入口があります。

場所はららぽーと南側の道沿い、歩道橋のあるところです。
この入口から入り、案内に従いながら進みます。

ららぽーと沿いの駐輪場を抜けると

バーンッとキッザニアがあらわれます。

並ぶ場所はららぽーとからキッザニアに伸びるエスカレーターの横です。
下の写真のエスカレートの向こう側にエスカレーターに沿って並びます。

キッザニア甲子園並ぶ時間と順位(順番)

私が並んだ時間は朝の6時過ぎで7番目でした。
その後、時間の経過と共に行列は伸びていきます。
6時30分で12人
6時45分で22人
7時で40人
7時を超えると数えきれないレベルの行列になります。

やはり駐車場がオープンすると人が一気に増えます。
個人的には遅くても6時台に行くべき。
できれば6時半までに並ぶべきだと感じました。

キッザニア甲子園に並んだ後にやること

まず、6時40分頃に予約番号確認と整理券配布が始まります。
整理券が並んだ順位になります。

そして7時15分にららぽーとへ移動し、並びなおします。
その5分後から受付が始まります。
キッザニアの受付カウンターで入場手続きをします。

そして、8時30分 キッザニアへの入館が始まります。
この入館時点でメンバーがそろっていれば良く、受付を終えるまでは代表者のみが居れば問題ありません。

不安なことや忘れがちなこと

並んでいる時のトイレ。
早朝に並ぶのは屋外です。
トイレの心配がありますがトイレはキッザニアのトイレが使用できます。
止まっているエスカレーターを階段のように登って行けばトイレに行けます。

受付時には駐車券を出そう。
多くの人が「あっ車においてきた」と言っていました。
受付時に駐車サービスが受けられるので駐車券は持っておきましょう。

レジャーシート必須。
並ぶ時にはレジャーシートが最強です。
座れる、荷物が汚れない、自分のスペースを確保できる。
レジャーシートがないと汚れるし窮屈になります。

家族が合流する時はららぽーとに勝手に入れない。
(ららぽーとのお店が開いていない時間なので)
受付までを代表者のみで行い入館前に家族が合流するパターンが多いですが
家族が合流する時は予約番号を係りの人に伝えるか、中から代表者が迎えにいかないと
ららぽーとには入れません。

キッザニア甲子園を並ぶコツまとめ

以下、ポイントのみ簡単にまとめます。
・朝6時半までに並ぼう。
・レジャーシートを持っていこう。
・入館まで代表者のみで処理できるため、家族全員で朝早く並ぶ必要はない。

ちなみにこのブログでは過去にも多くのキッザニア記事を書いています。
ご参考にどうぞ。

勤労感謝の日1部に行った記事
1部に行った記事
2部に行った記事その1
2部に行った記事その2

では良い思い出を!

キッザニア甲子園完全ガイド

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

セレッソマンを運営。 セレッソマンブログは、セレッソ大阪を盛り上げながら自分の人生の思い出を綴るために書いている。 つまり、セレッソ系ライフログメディア(自称)らしい。 兵庫出身で大阪で生活中のサラリーマン。 初めて行ったJリーグの試合はヴィッセルだった。(これは内緒らしい…)