『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち47人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

2017リーグ初勝利セレッソ大阪!鳥栖戦を見て想う

スポンサーリンク



やっとこの時が来た。
2017年3月18日セレッソ大阪がJ1復帰後リーグ初勝利をあげた。
J1リーグ4試合目のことだ。

勝利の余韻も消えぬ今、ここまでのJ1リーグを振り返ってみる。

初戦のジュビロ戦。0ー0で引き分けた。
引き分けは悔しかったがセレッソは確かにJ1仕様に近づいていた。
J2時代から最も大きく変わったのは守備への意識。
戻りが早くブロックを作ることができていた。
メンバーに劇的な変化は無かったが意識が変わっていたのは嬉しかった。
J1でセレッソは悪くないんじゃないかなと思った。

リーグ2試合目は浦和レッズだった。
相手は昨年の勝点王者。
セレッソの力をはかるためにも大切にしたい一戦だった。
セレッソは1ー3で大敗した。
レッズの別次元の切替の早さに圧倒された。J2では奪われない場面でボールを奪われる。
ボールキープすらできない中で何点取られるか不安になった。
セレッソには足りないものだらけ…J1の洗礼を受けた。

3試合目はコンサドーレ。
J2より昇格クラブ同士、J2王者のコンサドーレに勝たないといったいどこに勝てるんだと意気込んだ。
先制して勝てると思ったが甘くなかった。
コンサドーレに追いつかれ1ー1で引き分けた。
不安になる。J1での初勝利はいつになるのか。

早く勝点3が欲しい。それしか考えられない時期を過ごす。そして迎えた鳥栖戦。
ここまでのセレッソに救いがあるとすれば守備への意識が高まっていること。
いつものセレッソなら試合終了間際に点を取られジュビロとコンサドーレに負けてもおかしくない。
そこを引き分けで終えた。

負けなかったことを救いと思う。
情けない話だがセレッソはそんな情けない所から歩み始める必要がある。
負けない。その先には勝つがあるはずだから。
私たちは信じて鳥栖との戦いに挑んだ。

セレッソ対鳥栖を見て

ここからはいつもの通りフットボールラボさんにお世話になりながら話を進める。

各チームのスタメンは次の通り。

セレッソは前節より変更なし。
柿谷と清武がサイドより起点を作る戦術。
私はこの戦術で良いと思っている。

柿谷と清武が両サイドに居ることでどちらサイドからでも攻撃でき幅が出る。
何よりサイド起点だとボールを奪われても中央からあっという間にカウンターを受けるリスクが減る。
リスクが少ないから強くないセレッソには良いと思う。

サイド起点が成熟すれば丸橋、松田もオーバーラップできるようになるはず。
逆に清武と柿谷ぐらいしかオーバーラップの時間を作れない。
セレッソの特徴はサイドバックの攻撃参加。
それを実現するためにも清武、柿谷のサイド配置は必要だ。

鳥栖との試合でも清武と柿谷は攻撃のポイントとして機能した。
ただセレッソに足りないのはFWの強さ。
杉本がもっと相手の驚異にならないといけない。
山村のしつこいプレーも活きてこない。

セレッソに足りないピースはFW。
山村の前にもっとストロングなFWがほしい。

杉本の覚醒か
澤上の泥臭さか
リカルドサントスの謎のブレイクか

ここに期待するしかない。
柿谷FW待望論もあるが私は柿谷にはサイドで相手をだましながら、ゴール前に顔を出してほしいと思う。
サイドで伸び伸びとボールを沢山さわる柿谷のプレーも楽しい。

セットプレーに頼らなくてよいように。
頑張れ、頭角あらわせやFW。
今はそう思う。

勝点3だけでも良いはずなのに、勝点3の次は核となるFWを望む。申し訳ないが私の欲求はおさまらない。

ああ鳥栖に勝ったし初勝利良かったなぁ。

順位も10位に上がった。
引き分けた結果が活きてるなぁ。

そんなことを想いながら
公園に散歩に行った。

少しだけど桜が咲いているではないか。
リーグ初勝利を祝うように咲く桜。
これから満開に向かう。
セレッソ大阪もサポーターも美しく咲きほころうぜ。
そう誘っているように見えた。

春は来ている。
おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。