『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち47人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

セレッソ大阪対コンサドーレの感想

スポンサーリンク



2017年3月11日J1第3節。
セレッソ大阪はコンサドーレ札幌と対戦した。
この対戦カードを見たとき私は思った。

なぜなら共にJ2より昇格、J1にチャレンジするクラブで負けるわけにはいかない。
また、コンサドーレには昨シーズン1敗1分。コンサドーレはJ2で1位。今シーズンのセレッソ大阪の強さをはかる上でも負けるわけにはいかない。

そんなコンサドーレとの試合を観戦した感想を記事にします。

セレッソ対コンサドーレの感想

記事に使う画像はフットボールラボさんより引用になります。いつもお世話になりありがとうございます。

セレッソ大阪のスタメン


注)実際の試合を見ている感じでは杉本の1トップ。左MFに柿谷、右MFに清武でした。

始めに思うのは清武がやっと試合に出る!そして次に思うのは山村がトップ下に!

清武の出場は無条件にワクワクして期待してしまう。日本代表の中心選手だから。セレッソにどんな変化をもたらすか楽しみ。

山村は個人的には好きです。体はホットに頭はクールにを体現するプレーヤーで長身で技術もしっかりしているからトップ下の起用には驚いたけど期待して見てた。

試合の内容

この試合、結論からいうと1ー1の引き分け。セレッソはセットプレーからのゴールのみ。

セレッソの狙いはサイドから起点を作ること。清武、柿谷を起点に攻撃すること。

コンサドーレはサイドから都倉に合わせる攻撃を繰り返すので、セレッソのサイドバックもケアする必要があり、なかなか攻撃参加はできない。

セレッソのサイドバックが高めに位置する持ち味はJ1では発揮できない。相手のサイド攻撃がJ2より強力だから守備のウエイトが増す。

そうなればMFとFWでなんとか相手守備を打開しないといけない。セレッソにそれができたかと言えば…できていない。

セレッソの弱いところは周りを活かす選手が多く、自力でチャレンジする相手の嫌がる選手がいないこと。

自力で活きるより、仲間を活かす選手が多すぎるんです。

そこに気づいてか清武はドリブルで仕掛けたり積極的なプレーでチームにメッセージを送っていた。

セレッソの選手はまだまだ小粒な印象。どうにかしてやろうという気迫が足りなく感じる。

セレッソの最大の悩みはFWだ。ボールが収まるFWがいないとセレッソのパスワークも活かされるのが得意な選手たちの個性も発揮できない。

途中まではボールを運べても最後まで進められない。これはFWに柱が無いからだと思う。コンサドーレとの試合を見て、ああ今シーズンもFW問題に悩まされそうと思った。

清武による杉本の覚醒を待つしかないのか。待つなんて時間の余裕がJ1にあるのか。とても不安になるコンサドーレ戦だった。

コンサドーレに勝てなかったことはショックでした。コンサドーレサポーターには悪いけど…。

さぁ次、次に期待しよう

コンサドーレに勝てなかった失望の中、順位表を見る。

勝点2しかないけど13位。他にも苦しんでるクラブはあるんだなと思うと同時に勝点3を得ることの大きさを知る。

今は早く勝点3が欲しい。少しでも早く下位グループから脱しよう。

勝点3それだけが願い。「さぁ次、次に期待しよう」。

昨シーズンと同じで点を取れるFWと逃げ切れる守備力を望みながらシーズンは続く。

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。