『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち47人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

電車のダイヤが乱れても心は乱れてはいけない

スポンサーリンク



通勤の朝、いつものように駅に向かう。駅で掲示板を見ると騒がしい。どうも電車のダイヤが乱れているようだった。

私の乗る電車は運休となり次に来る電車に乗るはめに。通勤時間に電車が一本運休になると大変だ。一本の電車に二本分の人が乗ることになる。

案の定、ギュウギュウ詰めの電車に乗ることに。つり革を意地でも離さない人の腕、スマホをいじり続ける人、皆がもう少しずつ配慮すればギュウギュウはマシになるのに…。

そんな時、車内アナウンスが始まる。
「線路に人が立ち入ったためダイヤが乱れ…。」

この時、私は思った。
「こんな朝早くから線路に立ち入るな、人に迷惑かけるなよ」と。

そして、満員電車から解放されたあと、先程の自分の想いは間違っていると気づいた。

心の狭さを反省

私は線路に立ち入った人に対して「何しとんねん」という感情を持ったが改めて考えると自分が間違っていると気づいた。

線路に立ち入った人は「何か悩みを抱えていたはず」、おそらく迷子になり線路に入ったわけではない。その人は大丈夫だろうか。

それに比べ私は、こうしてヒョウヒョウと仕事に向かい、給料ももらっている。自分を見失うほどの悩みもない。電車が遅れても困らないクセにイラッとした。明らかに間違いだった。線路に立ち入るのが良いことではないが、本当に困っているのは誰だろうか考えれば分かることだった。

誰もに抱えきれないほどの悩みを持ってしまう可能性はある。信じている人に騙されたり、予期せぬ不幸にあったり…誰もが平和に幸せに毎日を過ごしたいと思っているはずだが、紙一重でどうしようもない境遇になることもある。

私がこうして「極めて普通」に暮らしているのはラッキーなことだと思う。どんなに頑張っても報われない人も世の中にはいる。

何かあった時、地に足をつけ、自分の目線でなく大きく多角的に物事を捉えるようにしないといけない。自分の都合に夢中になると人の都合を忘れ、自分が不幸になることもある。

ダイヤが乱れても自分に致命的な影響が無ければ、そっと受け止めて流そう。そう自然に思えるように私はなりたい。

いつも小さなことで心がフラフラしていては本当に辛いときに耐えられない。視野は大きく多角的に…物事の本質はそんな小さな所には転がっていないと思うから。

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。