『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

スターバックスが上手にならない

スポンサーリンク



スターバックスは行きますか?メニューを楽しみ尽くしていますか?

私はスターバックスによく行きますよ。休日に娘と待ち合わせするときは決まってスターバックスですから。スターバックスで時間を潰しながらブログをスマホでポチポチ書くのが幸せなんです。

でも、スターバックスに対して悩みがあります。
「スターバックスが上手にならねぇ」のです。
これは時間の過ごし方ではなく注文するときの話です。

スターバックスに行くと普通のコーヒー屋と異なり気合いが入ります。それはお洒落な甘いドリンコがあるからです。
私はいつもお洒落で甘いものを注文してやろうと思いスターバックスに入ります。

しかし、いつも上手に注文できません。
原因は分かっています。メニューを理解していないからです。

スターバックスに入るといつもレジには2、3人しか客は並んでおらず、すぐに自分の番が回ってきます。

いつも努力はしているんですよ。2、3人の後ろにつけた瞬間から私はレジの上に掲げられたメニューを低下した視力を駆使して血眼で見ています。鬼のような形相で並んどります。

そこで、こいつはお洒落で甘いオサレドリンコだろうと目ぼしいものを見つけるが、注文する直前でいつも気づきます。

「フラペチーノ」やん!

私はそこまで冷たいものはいらない。とパニックになり、自分の中で最上級のオサレドリンコである「奴」を注文します。

「カフェモカトール ホットで」

あ~あ、またやっちまった。カフェモカトール。頼んドール。

カフェモカを受けとるまでの間には色々と気づく。リンゴの入った飲み物あんの?とかキャラメル味もあるんかい?とか。

そんな感じでいつも焦りのカフェモカトールに落ち着くスタバです。

「スターバックスが上手にならない」
来年は上手になりたいと思います。

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。