『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

攻略!キッザニア甲子園1部混雑の勤労感謝の日の並ぶ時間と順位

スポンサーリンク



勤労感謝の日だからキッザニア甲子園に行くことに。
キッザニアは子どもが遊ぶように働き、キッゾというお金を稼ぐ場所。
稼いだキッゾはお買い物などで使うことができる。

働く場所だから勤労感謝の日には特典がある。
その名も「ボーナスキッゾデー」。
どんなボーナスかというと…
キッザニア甲子園HPより引用。

11月23日は勤労感謝の日。勤労感謝の日とは、みんなで仕事をすることを大切に考え、働く仲間に感謝しあう日です。キッザニア甲子園ではみなさんの日々の働きに感謝して、全てのパビリオンを対象に、仕事をするとお給料としてもらえる「キッゾ」を増額します!たくさんの仕事をして、デパートでのお買い物やキッゾを支払うアクティビティを楽しんでくださいね。

なんと、働いてもらえるキッゾ(給料)が普段の5や8から10キッゾに増額されるのだ。
さすが勤労感謝の日!

そんな人気殺到の混雑の日。
キッザニア甲子園に並んできた。

並び方

ららぽーとは駐車場が7時からオープン(キッザニアの所のみ早いオープン)する。
そのため、7時より早く行くと通常の入口からは入れない。

7時より早いときの入口は、ららぽーとの前の歩道橋付近にある。
並ぶ人を車で送り、降ろして「並んでこいっ!」て感じになる。
2016-11-23_07-36-42
青○が入口で青線のようにキッザニアに歩く。
地図が上手すぎるので写真でも説明しておく。

DSC_1505

青色のゲートが入口で歩いて進む…

DSC_1507

歩行者用の道をららぽーと沿いにららぽーと中央方向に歩くと…

DSC_1510

キッザニアに昇るエスカレーターが見えてくる。
このエスカレーターの横に並ぶ。
屋根はあるが細いため微妙。
雨の日には傘が必要だ。

早朝の薄暗い寒い中みんな頑張って並ぶ。
我が子のために。

dsc_2660

並ぶとき多くの人は座っている。
ゴザかイスがあった方が目立たない。
これプチ情報な。

時間と順位

時間と人数は以下の通り。
5時半で3人。
6時で8人。
6時半で20人。
7時で数えきれない…

7時15分…時すでに遅し
さすがボーナスキッゾデーおそるべし。

7時に駐車場がオープンするため、早く入りたい人は7時までに並ぼうとする感じを受けるが7時付近でも先行逃げきりで遊ぶには手遅れの人数だ。

はたして何時まで外に居ないといけないのか?
タイムスケジュールとしては、7時15分にららぽーと内に入れる。(やっと屋内に入れてもらえる)
8時半にキッザニアに入れる。
という流れになる。

dsc_2658

11月23日早朝の寒い中みんな早くららぽーとの中に入りたい。
そう願うのでした。

並ぶのは誰だ?

屋外に並び、7時15分にららぽーと内のキッザニア受付のエントランスに移動する。

移動する前の7時頃に1部か2部かの確認があり、屋外で整理券が配られた。
この時に自分の順位を知ることになる。

予約確認をしての整理券配布のため、予約確認できるものを一式持っておく必要がある。
代表者のみ居ればよいが、予約確認ができる準備は忘れてはならない。

7時15分頃ららぽーと内に移動。
やっと屋内に入れる。
ららぽーと入口で1部と2部に分けられ、並ぶ位置へ案内される。
この時点でも居るのは代表者だけでよい。

そして受付が始まる。
家族は8時半の入場に備え8時頃に合流しておこう。

キッザニア甲子園 完全ガイド

まとめ

キッザニアは基本早い者勝ちで仕事にエントリーすることになる。
人気のお仕事や多くの仕事がしたいなら早く行くことが攻略法となる。

そのためには早朝から並ぶしかない。
その並ぶ時間は遅くても6時半までがよい。
7時の駐車場オープンに備え、7時までに行こうとする感覚の人が多い、その人たちより早いのが6時半。

並ぶのは代表者のみで良い。
ただし、予約確認関連の準備は必須。
家族は8時半の入場に備え8時頃に合流すればよい。

キッザニア混雑の日、朝5時台から親たちの仕事は始まっているのである。
では良い思い出を!

もっと情報がほしい方へ

当ブログでは他にもキッザニアの記事を作成しています。全て実体験です。情報収集にどうぞ。
キッザニアの記事はコチラ。

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。