『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

Mekorama(メコラマ)はオフラインで遊べるロボットジオラマ迷宮アプリ

スポンサーリンク



どうも、セレッソマンです。

とりあえず「ホームつまずく助けます」アイキャッチ画像の謎の文章は忘れてくれ。

最近、オフラインでも遊べるゲームアプリ探しがマイブームです。オフラインで遊べるゲームは通信量を気にしなくて良いから素敵。

先日、score!heroというオフラインで遊べるサッカーゲームを紹介しましたが、今回はパズルというか頭使うゲームを探してきました。

ゲームの名前は【Mekorama】メコラマ

_20160914_155937

100万ダウンロードだから、もうみんな知ってるかも。まぁ、知らない人がいたら嬉しいなと感じでサクッと紹介します。

ゲームの目的はコロ助みたいなロボットをゴールまで連れていく。ただ、ゴールまでの道は少し頭を使う。

仕掛けやトンネルをうまく見つけ出しゴールに行くというホノボノしたゲームです。

Mekorama(メコラマ)の良さ

なんでこのゲームを紹介するのか。理由は3つ。

1.キャラがカワイイ

_20160914_160024

よく見るとコロ助ではない。目玉の親父だな。このロボットが指示した通りにテクテク歩くんだ。

頭を打ったり、バランスを崩しながら歩く姿がカワイイ。オッサンが見てもカワイイぞ。そのスピード感の無い動きにも癒される。

 

2.画面もキレイ

ジオラマを思わせる画面は1画面に全てが収まり、ジオラマをクルクルと回しながらゴールへの道を探す。

_20160914_161233

どう、キレイでしょ。

コロ助親父に行かしたい場所をチョンと押せば、道が繋がってれば歩いていく。そして、ゴールまで案内できればクリアーだ。

上の画像の面の場合、てっぺんの赤いのがゴール。そこにコロ助親父をテクテク連れていく。てっぺんにはどう登るのか?

それがこのゲームの醍醐味。クルクル回してよーく見て、仕掛けを動かせば、道は繋がりたどり着くのだ。

 

3.バカっぽくない

ゲームを選ぶ時に気をつけたいのはバカっぽくないこと。

電車で激しく指を動かすのも嫌だし、アニメっぽいのもオッサンにはキツイ。

その点、Mekorama(メコラマ)は画面があまり動かず画風もキレイでシュール。オッサンがやっていても、しょうもなさそうと思われてもバカとは思われない。

機械的な仕掛けも多いから面白そうに見えるかもな。指1本で出来て、おとなしいから電車でも恥ずかしくないかなと思います。

暇な人はMekorama(メコラマ)やってみ。何となく時間が潰れると思うよ。

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。