『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち47人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

2016年9月セレッソ大阪対長崎を見て

スポンサーリンク



どうも、セレッソマンです。

セレッソ大阪はJ2で現在3位です。自動昇格の2位に入れるかドキドキしますね。

そんなセレッソはリーグ中断期間を終え、ついにJ2再開。中断期間の天皇杯含め実は3連勝中。今回は長崎と対戦です。

セレッソは覚醒中の杉本が左助骨骨折(通称あばら折れてん)で離脱。柿谷も離脱中。心配はつのるばかり、攻撃の駒が足りなくなるではないか。

でも、それなりに大丈夫。セレッソの層は厚い。ベテラン玉田も健在。ソウザも攻撃できるしリカルドもいるよ。ルーキー澤上も育ちつつある。

セレッソが杉本の代わりに選択したのは、ソウザを1.5列目で使うこと。まぁ有りではないかと思った。ソウザのボランチは攻撃的過ぎてリスクあるから、攻撃で使うならまだ良しだな。

セレッソのスタメンはこちら。

dsc_2472

玉田のワントップのキープ力。ソウザの飛び出しに期待。そんなメンバーでした。

そして、キックオフ。自動昇格のためにもう負けはいらないリーグの再開です。

耐えて咲く桜

この試合、セレッソは2ー0で勝ちました。

前半は長崎の堅守速攻に付き合う感じでした。セレッソは攻めきれず、守備ではカウンターの芽を摘む。その繰り返し。

サポーターとして前半のうちに試合を決めてほしい気持ちがあったが、気持ちをおさえて耐えた。そんな前半は0ー0だった。

セレッソが良かったのは相手に付き合いカウンター合戦にならなかったこと。冷静に自分たちのやり方を貫いた前半だったと思う。

今シーズンのセレッソは前半が無理なら焦らずに過ごし、後半勝負に行くことができる。1試合の中で行く時と行かない時があり、90分トータルで試合を進めるたくましさがある。

ちょっと大人になったセレッソの後半に期待した。

後半は開始からセレッソはやや前がかり、点を取りに行く意識がチーム全体にあった。それで点が取れたら困りませんが…。

セレッソの得点シーンは相手の隙をついたもの。ペナルティーエリア外でフリーキックを獲得、山口蛍が早いリスタートで玉田へパス。玉田がキーパーと1対1を決める。

山口蛍と玉田だけ集中していた瞬間だった。山口蛍の冷静さと玉田のベテランらしい抜け目なさでゴールを奪う。

えっセコい先制?

セコくないですよ、もともとサッカーはだましあいのセコいスポーツ。セコくても得点は得点だ。ルール上、セコくな~い。

そして、試合は危なげなく時間が経過。試合終盤にポロっと失点するなよ(これセレッソの伝統)と心配しながら見守る。

その時、スコアが動いた。

丸橋のクロスに澤上がダイビングヘッドできれいに合わせてゴール。やっとルーキーが花開いた。

そしてセレッソが2ー0で勝利。ベテランとルーキーのリーグ初ゴールで勝った。まさにリーグは総力戦の様相。セレッソの底力発動だ。

試合に勝って気になる順位。

dsc_2474

上位陣、みんな勝ってる。恐るべしデッドヒートです。負けたら突き放される緊張感。ここからが勝負だセレッソ大阪がんばれ~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。