『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち47人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

セレッソ大阪対岐阜の感想

スポンサーリンク



昨日、セレッソ対岐阜が岐阜のホームで開催された。岐阜は個性的なチームでつかみ所の無い選手が揃っている。

油断すると岐阜の独特の空気にのまれるから、守備がパニクってしまうから「慎重に慎重に」試合を進める必要がある相手だ。

私はスカパーで観戦した。岐阜には多くのセレッソサポーターが駆けつけていた。岐阜はアウェーの中ではまだ近い方なんだなと感じた。羨ましいなと思うと同時にセレッソをヨロシクと素直に思いました。

そして、試合開始前のスタメン発表。

「そう、あの人はいない」

柿谷曜一朗は前節で負傷し全治4週間。負傷退場した時はまるで太陽を失ったかのような闇がセレッソを襲ったが、試合は当たり前のように来る。

代わりにワントップに入ったのは、リカルドサントス。リカルドサントスは開幕からワントップに入っていたから驚きはない。ただただ、「リカルドサントスねぇ」という感じであった。

試合の感想

前半の展開は恐ろしいほど前節に似ていた。セレッソがボールを支配し、ゆっくりと攻める。試合が週2回の時はこう展開するんだとチームで決めているようにすら感じる。

無理をせず、まずはペースを引き寄せる。なるべく相手を疲れさせると共にカウンターの機会を与えないように攻める。

リスクと体力消耗に備えた攻め方。セレッソは時として大人である。

そんなセレッソペースの中、開始5分で試合は動いた。丸橋のサイドからのマイナスのパスをブルーノメネゲウが落ち着いてゴールに流し込む。

簡単そうに見えるゴールシーンであったが、丸橋は相手のスライディングをボールを浮かしてかわし、走り込んだブルーノメネゲウは相当な距離を全力で走り込んできている。

個人技だけではダメ。運動量だけではダメ。ゴールを奪うときは両方が噛み合わないといけない。改めてそう感じた。

そして、ここからセレッソは守りきる雰囲気になる。まるで前節の長崎戦を見ているようだった。今回は85分の守りきりに挑戦。

相手は岐阜。一発のあるアタッカーが揃っている。大味だが時として破壊的な驚異を持つから侮ってはいけない。

セレッソは途中で玉田を投入。サポーターの中には玉田待望論がある。この試合ではトップ下に入った。

玉田のプレーを見て改めて感じる。動きながらボールを受けるのがうまい。スピードを落とさず流れるようなボールさばき、まるでバスケを見ているようだ。

セレッソの攻撃は前線がサイドに開くことはない。サイドはサイドバックのためのスペース。だからパスはなかなか前に出せない。そんなもどかしい展開が続く。

後半はかなり岐阜に攻めこまれる。長崎戦で試合終了間際にゴールを奪われた記憶が重なる。守りきろうとするセレッソほど心臓に悪いものはない。

でも、セレッソは試合終了までアディショナルタイム含め90分の守りきりに成功した。週2回のバードスケジュールを勝ち越して終えた。

とりあえずリーグ上位陣には食らいついている。成績は悪くない。

セレッソのサッカーはつまらないがしかし・・・

サッカーの内容は正直つまらない。セレッソのどこが強いのか?明確に答えるのは難しいチーム状況。

しいて言うなら、大崩しないチーム力がある。ただ、そんな特徴にサポーターは満足しないだろう。

今年は昇格がノルマ。勝点3を奪えるなら内容は何でも良い。ただ、チームの特徴が無いままにJ1に行くのも不安だ。「現実の勝点」と忘れてはいけない「攻撃のセレッソの伝統」その狭間でやきもきする私がいる。

セレッソ・アイデンティティ


つまらない試合が多いが、我慢するしかない。理想を求めすぎてJ2に降格したのかもしれないし。楽しいだけではないサッカーの難しさをヒシヒシと感じている。

我慢、我慢だ。このストレスに耐えJ1で花を咲かそう。苦しみながらJ2で上位争いをするセレッソ大阪を応援しよう。今、私にできることはそれしかない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。