『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

先輩の意見 サラリーマンのモチベーションって何ですか

スポンサーリンク



サラリーマンをやってると年を重ねるにつれてモチベーションってやつが変化してくる。

そりゃ若い時は代わりのいないサラリーマンになってやる。その道のプロになってやる。給料増やして幸せになるぞ、オーッ!ってなもんで沢山のモチベーションを見いだす種、というか希望があるわけです。

キラキラな毎日が続けば良いですが、希望が叶いさらに新たな希望がわく順風満帆な奴はごく一部だろう。

年を重ねるにつれ、現実や働くという行為のはかなさや裏の面が見えてきて、いつまでもキラキラではいられなくなる。普通のサラリーマンはそんなもんだと思います。

モチベーションってやつは

年を重ねると思う。今更死に物狂いで働いて、成果出して出世したところで生活が劇的に変化するほど給料は増えない。

給料が増えた所で小遣いが余って困るほど増えることもない。何より小遣いが増えた所で使い道もないんだけどねーっ。ゴルフやったり高い店で飲んだところで個人的には死に物狂いで働くことの対価になるとは思えない。考えただけで、クタクタな人生だ。

そもそも会社の仕事の多くは身内が生み出す、世の中に貢献するとは言いがたいもの。働いてしばらくすれば気づく「これは茶番だ」という仕事の数々。

茶番とは

ありふれたことを材料として、こっけいなことを演じること。ばからしいみえすいた物事

誰も頼んでいない困り事を探してきて解決して成果にする。誰も頼んでいないから歴史には残らない成果たち。

これを約40年続ける。素敵なことなんだろうか。ただし、悲観してはならない。サラリーマンをやっていると数年、時として数十年に1回だけ会心の成果が出る。

会心とは

思い通りに心にかなう

この成功体験がたまらなく幸せで、それを忘れないことがモチベーションでもある。

サラリーマン金太郎 <全巻セット>

価格:5,480円
(2016/5/11 21:57時点)


しかし、モチベーションっていうのはそこまで上昇を維持できるものではない。モチベーション維持上昇のために自己啓発の本を読んだ時期もある。

若い頃は影響されやすく効果はあるが、年を重ねると自己啓発の本ですらきれいごと並べやがって、そのパターンすか?と影響されなくなる。

年を重ねるとは損だ。キラキラな毎日はクモリ全てが見えてきて発奮しなくなる。

そんなおじさんではあるが、働くことは続けにゃなりません。家族のためであり、自分のために。

まず、給料アップの野望は捨てる。世の中を変えてやるという夢は捨てる。

全ては同じ思いの仲間と支えあうため、そして数年に1回の会心の成果を待ちわびるため。

サラリーマンはくだらない?と聞かれたら自信をもって「くだらない」と答えます。

ただし、宝くじみたいなもので何があるか分からない。当たった時の快感はすげーです。

まとめると、サラリーマンは常にモチベーションが上がりキラキラするもんでない。耐えて耐えて花が咲く瞬間を待ちわびる。そんな生き物。

花が咲くことを夢みてコツコツと茶番でも受け入れ、給料にも期待せずに暮らすもの。

本当は花を咲かすために必死。でも恥ずかしいからモチベーションは低めに暮らす。そんなとこ。

年を重ねるにつれてモチベーションは変化する。そのことに驚かず年を上手に取りたいです。若い時のキラキラは忘れ成功体験は忘れず、いつか歴史に残る仕事が来たら見逃さずに引き寄せ、成功させてやろう。

それまでモチベーションはためておくぜ。サラリーマン万歳!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。